メニュー閉じる

どうしてポストは赤いの

どうしてポストは赤いの

日本に最初にポストができたのは、今から100年以上も前の1871年のことです。このころは、まだポストは木で作られており、今のように赤い色はしていませんでした。

つまり、ポストは最初から赤かったわけではないのです。
ポストが赤くなったのは、最初のポストができてから37年後の1908年のことです。
この年はじめて鉄でできた赤いポストが町に置かれました。このときポストを赤くぬった理由は、やはり赤が一番目につくからということのようです。町の中に置いたときにどんな色にすればよく目立つかということから決定されたのです。
なぜポストが赤いかは、その色がよく目立つためというわけです。

PAGETOP