メニュー閉じる

ミステリーサークルって何、どうしてできるの

ミステリーサークルって何、どうしてできるの

ミステリーサークルというのは、もともとイギリスで大量に発見されて話題になったものです。これは、畑に植えてある作物が丸い形にたおれてできたものです。

たとえば、ムギが植えてある畑ならば、そのムギがみんな同じ方向に、円をかくようにばたばたとたおれている状態(じょうたい)をいうのです。こういった丸い形のものを、英語ではサークルといいます。それにミステリーという言葉がつくのは、この畑の丸いもようが、不思議なことにあるとき突然(とつぜん)できるからなのです。自然にできたのか、だれかが作ったのか、それさえも全くわからないのです。これはたしかに不思議ですね。だからミステリーなのです。
その後、いろいろなミステリーサークルがたくさん発見されました。人々の間では、「これはUFOが着陸したあとではないか」と言い出す人も現れて大さわぎになったのです。中には、いたずら好きの人がこっそり作っていたというものもあったようです。
しかし、最近ではこれは、プラズマという一種の電気が原因なのではと考えられています。自然の中で電気がかってに起きるというのは、なんとなく不思議なことのように思えます。しかし、雷(かみなり)も電気です。自然の中で電気が起きるということは少しも変なことではないのです。
ただし、このミステリーサークルには、まだまだわかっていないことも多いのです。あいかわらずミステリーというわけです。しかし、今後も研究が続けられて、もっとくわしいことが少しずつわかってくるでしょう。

PAGETOP