ゆうれいやおばけは本当にいるの

ゆうれいやおばけは本当にいるの

ゆうれいの存在について答えるのは非常にむずかしいことです。死んだ人間のたましいのことであるゆうれいがいるかいないかということに、そう簡単(かんたん)に答えることはできません。

ゆうれいの存在について答えるのは非常にむずかしいことです。死んだ人間のたましいのことであるゆうれいがいるかいないかということに、そう簡単(かんたん)に答えることはできません。なぜなら、「見た!」という人がかなりいるからです。
もし、ゆうれいなんて絶対にいないといってしまうと、「見た」といっている人がうそをついていることになります。しかし、ゆうれいは本当にいるという証拠(しょうこ)もまたないのです。したがって、どちらともいえない、わからないと答えるしかないわけです。
現代の科学では、ゆうれいが本当にいることを証明することはできません。また、見たという人を調べてはっきりさせることもできないのです。これは、あと何年たっても、なかなかできないことでしょう。つまり、人間は死んだらどうなるのかということは、非常にむずかしく、わかっていない問題なのです。
ところで、いままでの話で、ゆうれいはいるかいないかよくわからないということをいいました。では、妖怪(ようかい)はどうでしょう。妖怪というのは、カッパやのっぺらぼう、ろくろ首のことをいいます。こういう妖怪というものは、みんな人間が考えたものです。したがってこれらは、本当には存在しないと考えていいのです。こわいものをすべて「おばけ」と一言でいっています。しかし、おばけにも、ゆうれいと妖怪のように区別はあるのです。

PAGETOP