雪男は本当にいるの

雪男は本当にいるの

雪男には有名な話があります。それは、1889年、ヒマラヤ山脈(さんみゃく)に登ったイギリス人が見たというものです。これには、足あとの写真まであります。

しかし、足あとだけでは残念ながらよくわからないのです。ふつう雪男というときは、このヒマラヤの雪男のことをいうことが多いようです。しかし、このヒマラヤの雪男は、見たという話はあっても、つかまえたという話はありません。最初に目撃(もくげき)されてから、もう100年以上もたっているにもかかわらず、全く正体がわかっていないのです。したがって、雪男はいるともいないともどちらともいえません。本物がつかまったり、死体でも発見されればはっきりするでしょう。しかし、今のところはわからないとしかいいようがありません。
また、雪男というより、全身毛むくじゃらのゴリラのおばけのような生き物を見たという話は世界中にたくさんあります。これらは、アメリカやカナダ、中国に多いようです。
日本でも、広島県比婆郡(ひばぐん)というところの山奥に住んでいると話題になって、かなりさわがれたことがありました。
しかし、世界中に、にたような話がかなりあるのに、いまだに1ぴきもつかまっていないばかりか、死体やふんを発見したという話もありません。
こういった動物が本当にいたらさぞおもしろいことでしょう。しかしこれだけ長い間さがしても見つからないということは、いない可能性の方が高いと考えたほうがいいかもしれません。

PAGETOP