メニュー閉じる

油に火がつくとどうしてもえるの

油に火がつくとどうしてもえるの

木や紙がよくもえるのは、木や紙の中には炭素(たんそ)というものがたくさんふくまれているからです。この炭素は、炭(すみ)を作っているものと同じものですから、とてももえやすい性質をもっています。

この炭素は、油の中にもたくさんふくまれています。そのために、油は火がつくとよくもえるのです。
油にもごま油のように食べられるものと、石油のように食べられないものがありますが、両方ともよくもえるのは同じです。つまり、両方とも炭素がたくさん入っているのです。
このように、燃えやすい炭素をたくさんふくんでいる油に火がつくと、なかなか消えません。こんなときは、ぬれた毛布(もうふ)などをかぶせると、空気をさえぎることになるので火は消えます。

PAGETOP