メニュー閉じる

ガスからどうして火がでるの

ガスからどうして火がでるの

ガスに火がついてもえるのは、ガスの中にもえるものがいろいろふくまれているからです。もえるものというのは、水素や一酸化炭素(いっさんかたんそ)、メタンガスなどです。

しかし、もえやすいガスも、それだけではやはりもえません。ガスがもえるためには、もうひとつ非常に大切なものが必要です。それは酸素(さんそ)です。
酸素がないとガスももえることはできません。したがって、宇宙にガスを持っていき、火花で火をつけようとしても火は絶対につきません。なぜなら、宇宙には酸素がないからです。
もともともえやすい性質をもつガスは、空気の中の酸素とまざりあうことによってさらによくもえます。これが火がつくということなのです。ガスコンロには、ガスと空気をよくまぜる装置(そうち)がついています。
ところで、ひとくちにガスといっても、いろいろ種類があります。なかにはまったくもえないガスもあるのです。最近、地球のオゾン層(そう)を破壊(はかい)することで問題になっているフロンガスは、もえないガスで、火をつけても全然もえないし、人間がすいこんでも害(がい)のないガスです。

PAGETOP