メニュー閉じる

けむりはどうしてでるの

けむりはどうしてでるの

ものがもえるためには酸素(さんそ)が必要です。ものがもえるということは、空気中の酸素のつぶがもえるものと合体(がったい)して起こる反応です。

つまり、紙がもえるというのは、紙を作っている小さなつぶと、酸素のつぶが合体しているのです。逆に、酸素がないと、ものはもえないのです。
ものがもえるとき、大量の酸素があれば、けむりはそれほど多くでることはありません。ところが、酸素がたりないとたくさんけむりがでるのです。
もえるということは、酸素ともやすもののつぶが合体して起こる現象(げんしょう)です。ところが、もえているときに、酸素のつぶが少なくなっていくと、酸素と合体できなくなったつぶが大量にでてきます。これがけむりの正体です。
紙をくしゃくしゃにまるめて火をつけるとかなりのけむりがでます。これは、まるめた紙の内側にはあまり空気が入らないために、酸素が不足し、よくもえなかったものがけむりとなって大量にでているからなのです。

PAGETOP