氷はどうしてとけるの

氷はどうしてとけるの

まず、氷と水はどこがちがうのかを考えてみましょう。
水は、とても小さな水の分子というものでできています。この分子の大きさは、顕微鏡(けんびきょう)でも見えないほど小さなものです。

この水の分子は、ふつうはあちこち自由に動きまわっています。この状態(じょうたい)のとき、水は液体です。ところが、温度が0度になると水の分子は動きまわるのをやめて、きちんと並び結合してしまうのです。このとき水は氷になります。
水の分子は0度を境(さかい)に自由に動いたり結合したりする性質があるのです。しっかり結合していた水の分子は、0度より高い温度の空気や水にふれると、あちこちに動きはじめ水にかわっていくのです。氷がとけるのはこの性質のためなのです。

PAGETOP