水をひやすとどうして氷になるの

水をひやすとどうして氷になるの

ふつう、水は、0度以下にひやさなければ氷になりません。たとえば水の入ったコップを冷凍庫(れいとうこ)に入れてみたとしましょう。

冷凍庫の中は、通常マイナス10度くらいですから、このように寒い場所に入れられたコップの水の温度は、だんだん下がって0度に近づきます。そして0度になると水がこおり始めるのです。
それでは、水はどうしてこおるかを考えてみましょう。このことを説明するためには、まず、水は水の分子という小さなつぶからできていることを知らなければなりません。
この分子はとても小さく、顕微鏡(けんびきょう)でも見えないほど小さなつぶなのです。この水の分子は、ふつうはあちこち自由に動きまわっています。ところが、この水の分子は、温度が0度より低くなると動くのをやめてきちんとならんで結合するようになるのです。水の分子には0度をさかいに元気に動きまわったり、静かに結合したりという性質があるのです。
水の分子のこのような性質のため、水は0度より低い温度になると氷になるのです。

PAGETOP