氷はどうして水にうくの

氷はどうして水にうくの

氷が水にうくのは、氷が同じ大きさの水より軽いからです。でも、氷は水からできるものなのになぜ軽くなってしまうのでしょう? それは、水が氷になるときにふくらむからなのです。

100ミリリットルのコップ1ぱいの水を冷凍庫(れいとうこ)に入れてこおらせると、ふくらんでコップのふちからもり上がります。100ミリリットルのコップ1ぱいの氷の重さをはかるためには、もり上がった分だけ氷を切り取らなければなりません。切り取ってしまうと、その切り取った分だけ軽くなるのは当然です。
つまり100ミリリットルの水は約100gの重さがあるのに、100ミリリットルの氷は90gほどの重さしかないということになるのです。
このように同じ体積の水と氷をくらべると、氷は水より軽いのです。そのために氷は水にうかぶのです。

PAGETOP