メニュー閉じる

セーターをぬぐときどうしてパチパチ音がするの

セーターをぬぐときどうしてパチパチ音がするの

セーターをぬぐとき、パチパチと音がすることがあります。しかも、真っ暗な部屋でセーターをぬぐと、パチパチという音だけでなく、音といっしょに火花まで見えることもあります。

これは、毛糸でできたセーターと、その下に着ているシャツがこすれて、静電気(せいでんき)が起こったからなのです。
この静電気というものは、セーターをぬいだときだけに起こるものではありません。かみの毛を下じきでこすったとき、かみの毛が下じきにすいつきます。このときも、静電気が起きているのです。この場合、かみの毛が下じきにすいつけられてしまうのも、この静電気のせいなのです。
セーターの中には、もともとマイナスの電気をもったつぶと、プラスの電気をもったつぶがあります。ふつうは、この両方の電気はつりあいがとれていて、おたがいに電気を打ち消しあっているのです。パチパチ音がしないのは、このようにつりあいがとれているからです。ところが、セーターがシャツとこすれると、セーターの方のマイナスの電気をもったつぶが、シャツにうつっていってしまうのです。そうすると、セーターの中にはマイナスの電気が少なくなり、全体として電気はプラスになります。反対にシャツの方ではマイナスの電気が多くなるので、全体として電気はマイナスとなるのです。
プラスの電気とマイナスの電気には、おたがい引きあう性質があります。しかも、プラスとマイナスであるために、セーターとシャツの間に電気が流れ、パチパチと音がしたり、ときには火花になったりして見えるというわけなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP