鉄(金属)はどうしてさびるの

鉄(金属)はどうしてさびるの

鉄のくぎを、雨の当たるところや、じめじめしたところなどにしばらく置いておくと、赤くさびてしまいます。
このさびは鉄だけではなく、そのほかの金属でもおきることです。たとえば、緑色に変色した十円玉です。

これは、銅でできている十円玉が、緑色にさびてしまったということなのです。
鉄や銅などの金物(かなもの)のことを金属といっていますが、金属がさびるときは、すべて酸素(さんそ)が関係しています。酸素は、わたしたち人間が呼吸(こきゅう)をしながらすいこんでいるもので、空気の中にたくさんふくまれています。この酸素が、たとえば鉄とゆっくりと結びつくと、鉄の表面に、もとの鉄とはちがった性質のものができてきます。
鉄と酸素が結びついてできたものは酸化鉄(さんかてつ)とよばれていますが、これがたくさん集まって目に見えるようになったものが、さびなのです。
このように、金属のさびの原因(げんいん)になっているのは、酸素です。したがって、酸素のないところ、たとえば宇宙などに鉄をもっていけば、鉄がさびることはないということになります。

PAGETOP