メニュー閉じる

電気はどうして光って明るいの

電気はどうして光って明るいの

電気で光るものといえば、電球と蛍光灯(けいこうとう)があります。このふたつは少しちがった原理で光るのですが、ここでは、電球がどうして光るのかを説明します。

電気は、電子というとても小さなつぶで運ばれます。電子は、もちろん目で見ることはできませんし、たとえかなり電子顕微鏡(でんしけんびきょう)を使っても見ることができないほど、ごく小さなものです。電気が流れるというのは、この小さな電子のつぶが大量に流れることをいいます。
たとえば、豆電球のコードを電池のプラスとマイナスにつなげてみたとします。すると、電子が、豆電球のコードの中を流れ、豆電球の中に入ってきます。
豆電球のガラスの中心部分に、ぐるぐるまきになったところがありますが、ここは、ほかの場所より電子が流れにくくなっています。ここに電池からでてきた電子が流れこむと、 そこだけ流れにくいために電子がしょうとつをおこすのです。
そのために、そこの温度が上がり、熱くなって光を出すのです。

おうちの方へ

蛍光灯が光るのは、電球と違う原理です。蛍光灯の中には水銀を含んだガスが入っています。この中を電子が放電によって飛ぶときに紫外線が発生します。この紫外線が、蛍光灯の内側に塗られた蛍光塗料に当たって発光するのです。

PAGETOP