メニュー閉じる

火はどうして熱いの

火はどうして熱いの

ろうそくのほのおに手を少しでも近づけるだけで、非常に熱く感じます。それもそのはずで、燃えているろうそくの芯(しん)付近の温度は約800度、さらに、ほのおの上の部分では、1200度にもなっているのです。

それでは、ろうそくのほのおのところではどんなことが起きているのでしょう。ろうそくのほのおは、ろうと空気中の酸素(さんそ)がはげしく反応しているところです。そこでは、ろうを作っている原子とよばれる非常に小さなつぶと、酸素を作っている原子のつぶとが、もうれつなスピードで動き回っています。原子のこの運動が、火を熱く感じる理由なのです。
温度というのは、物を作っている原子というものが、どれくらいのスピードで動いているかということで決まります。つまり、水のように冷たいものはあまり原子が動いておらず、一方、お湯のように熱いものは、原子がいきおいよく動きまわっているのです。
火というのは、この原子の動きが非常にはげしいために熱いということがいえます。

PAGETOP