メニュー閉じる

火は何からできているの

火は何からできているの

一口に火といっても、火にもいろいろな種類があります。マッチの火、ろうそくの火、ガスストーブの火、石油ストーブの火など、これらはすべて火ではありますが、燃えているものはそれぞれちがっています。

たとえばマッチの火は、マッチの先の部分についている「リン」という火薬と、その下の細い木の軸(じく)が燃えてできますし、ローソクの火はとけたロウが燃える材料となって、あのようにゆらゆらと燃えているのです。また、ガスや石油ストーブについては、都市ガス、LPガス、灯油(とうゆ)などが燃料(ねんりょう)となっています。
火というのは、このような燃料を、それぞれに決められた一定の高温にすると、燃え始めます。ところが、高温にしただけではもちろん燃えません。ここで、もうひとつどうしても必要なものがあります。それは酸素(さんそ)です。何かが燃えるということは、空気中の酸素が、燃料と高温ではげしく反応している状態(じょうたい)のことなのです。
つまり火は、燃料になるものと酸素のふたつからできているということになるといえばいいでしょう。

PAGETOP