ボールはどうしてはずむの

ボールはどうしてはずむの

ゴムのボールはよくはずみます。しかし、ゴムボールでも空気がぬけてしまったものや、あながあいたものなどはあまりはずみません。これはどうしてでしょう。

それでは例をあげて考えてみましょう。まず、ガラスでできた電球を落とすと、ガシャンとわれてしまい、少しもはずみません。では、鉄でできたバネならどうでしょう。バネなら少しはずむでしょう。
これは、バネに力を加えると、元にもどってくるからです。この、形が元にもどる性質のことを、弾性(だんせい)といっていますが、ゴムやバネは、この性質がとても強く、ガラスは弱いのです。そのために、ガラスは元にもどることなくわれて、こわれてしまうというわけです。
空気の入ったボールは、表面のゴムの弾性が強いだけでなく、中の空気の方もボールが何かに当たってへこんだときに、元にもどろうとする力を働かせているのです。つまり、ボールは、ゴムの弾性という性質と、空気が元にもどろうとする力のふたつの理由から、よくはずむというわけです。

PAGETOP