水は何でできているの

水は何でできているの

水は、顕微鏡(けんびきょう)で調べただけでは、ただの透明(とうめい)な液体にしか見えません。

ところが、イギリスの科学者ニコルスンは、1800年に水に電気をかけて水の正体を調べる実験をしたところ、そこに酸素(さんそ)と水素が発生するという発見をしました。
電気のプラスの側には酸素。マイナスの側には水素が発生し、しかもその量は、酸素が1に対して、水素が2の割合(わりあい)ということまでわかったのです。また、その後の実験で、水素ガス2と酸素ガス1をまぜて、爆発(ばくはつ)させると水ができることまで確認されました。
つまり、水は、水素と酸素というふたつのガスからできているのです。このように、ふたつの物をあわせてまったく性質のちがうものができてしまうとは、非常にふしぎですが、こういったことは化学の世界ではふつうのことなのです。

PAGETOP