水はどうして透明なの

水はどうして透明なの

水は水素と酸素(さんそ)というふたつの気体からできています。水が透明(とうめい)なのは、この、水を作っている水素と酸素がもっている性質のためです。

つまり、水素も酸素も、どちらも光を通しやすい性質をもっています。だからすき通って見えるのです。
ところで、透明ではない水もたくさんあります。たとえば、絵の具をまぜると、赤や黄色、そしてそれらをいろいろまぜ合わせるとネズミ色、の水ができあがります。また、工場の排水(はいすい)や町の中を流れる川の水も、たいていにごっています。
このように、水にはいろいろなものがまじっているために、よごれていたり色がついていたりするのです。色がついた水は、水の中にまじっているものの色が見えているのです。

PAGETOP