水(ふろ)の中で手をたたいてもどうして音がしないの

水(ふろ)の中で手をたたいてもどうして音がしないの

水の中で手を打っても音がしない一番の理由は、おそらく、水の外で手をたたくように手を速く動かすことができないからです。なぜなら、空気の抵抗(ていこう)よりも水の抵抗の方がはるかに大きいからです。

これは、実際にやってみるとよくわかることですが、水の外でやるようには、手をたたけないはずです。水の中で手をたたこうとしても、たたくというより、ゆっくり手を合わせる感じになってしまいます。水の中で音がしないのはそのためです。
プールにもぐってみると、中ではいろいろな音が聞こえます。つまり、水の中でも音は伝わるのです。それどころか、水の中での音の伝わるスピードは、空気中よりはるかに速いのです。
空気中では、音は1秒間に約340mのスピードで伝わっていきます。ところが、水中では1秒間に約1500mものスピードで伝わります。もちろん水の中は、空気中とは音の伝わり方が多少ちがっていることはありますが、かなり速く音は伝わることができるのです。
にもかかわらず、手をたたく音が聞こえないというのは、手をたたく音がしないわけではなく、手をたたいてもその音があまりにも小さいために聞こえてこないからなのです。

PAGETOP