水はどうしてじょうはつするの、コップの水は何日かするとどうしてなくなるの

水はどうしてじょうはつするの、コップの水は何日かするとどうしてなくなるの

水は3つの形にすがたを変えることができます。この3つは、水と、氷と、そして水蒸気(すいじょうき)です。
やかんでお湯をわかして、そのまま火にかけておくと、やかんのお湯はだんだん少なくなっていきます。

これは、やかんのお湯が、どんどん水蒸気になって空気中に飛んでいってしまうからなのです。
お湯をわかしているときは、水はかなりのいきおいで水蒸気となって空気中に飛んでいきます。お湯がどんどんなくなってしまうのはこのためですが、これと同じことが、コップの水にも起こっているのです。
ただ、この場合、お湯とちがって、どんどん水蒸気になるほどではありません。しかし、少しずつ、少しずつ水蒸気になっています。そのために、コップの水を何日も置いておくと、だんだん少なくなってしまうのです。なくなった水は、すがたを水蒸気に変化させて、空気中にかくれてしまったというわけです。

PAGETOP