お湯がわくとどうしてあわがでるの

お湯がわくとどうしてあわがでるの

水は、温度を上げたり、下げたりすることで形や性質がちがってきます。たとえば、温度を下げるとかたい氷になり、逆に温度を上げると、水蒸気(すいじょうき)となって空気中に消えていってしまいます。

水は、水素と酸素(さんそ)の結びついた小さなつぶが、たくさんつながってできたものです。ところが、水をだんだん熱くしていくと、水のこのつながりがところどころで切れてしまいます。液体だった水が、空気のような水蒸気に変化するのは、このためなのです。
そして、この水をさらに熱くして、温度を100度まで上げると、お湯の中でも、この水蒸気ができてくるのです。つまり、お湯の中で、液体だった水が、いきなり空気のような水蒸気に変化します。これがお湯の中から出てくるあわなのです。あのあわの正体は水蒸気だったのです。

PAGETOP