お湯や温かいものからどうしてゆげがでるの

お湯や温かいものからどうしてゆげがでるの

水は3つの形にすがたをかえることができます。1つは、ふつうの水。2つ目は氷。3つ目は水蒸気(すいじょうき)です。水と氷は目で見えますが、この水蒸気は見ることができません。

つまり、水は水蒸気になると、空気の中にかくれてしまい見えなくなるのです。
この水蒸気というのは、水が蒸発(じょうはつ)してできるものです。たとえば、水をコップに入れておくと、自然に少しずつなくなります。これは水が蒸発して空気中にかくれてしまうためにおきることなのです。
このように、水は特に温めなくても、少しずつ蒸発して水蒸気になっていくものですが、温めると一度に大量の水蒸気となってでていくのです。
ところが、温められて水蒸気になったあとに、そのままの温かい状態(じょうたい)でいるならば、水蒸気のままでいることも可能ですが、そこで急に冷やされると水蒸気は空気中にかくれていることができず、水になってしまうのです。これがゆげの正体です。
つまりゆげは、温められて水蒸気となった水が、冷やされてまた水にもどったものであるといえます。

PAGETOP