メニュー閉じる

「線状降水帯」ってどんなもの?

「線状降水帯」ってどんなもの?

こたえ:積乱雲(せきらんうん)(れつ)になって(おな)場所(ばしょ)通過(つうか)停滞(ていたい)することででできる、(つよ)(あめ)のエリアです。

気象庁(きしょうちょう)は2022(ねん)6(がつ)1(ついたち)、「線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)予測(よそく)」を開始(かいし)しました。「線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)発生(はっせい)するおそれがあります」と地域(ちいき)(ひと)たちに(つた)えて、大雨(おおあめ)による被害(ひがい)()らすことが目的(もくてき)です。この「線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)」という言葉(ことば)は、(なつ)(ちか)づくと(みみ)にする機会(きかい)()えますが、その正体(しょうたい)一体(いったい)、どんなものなのでしょうか。

線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)とは、積乱雲(せきらんうん)次々(つぎつぎ)発生(はっせい)して、それらがほぼ(おな)場所(ばしょ)通過(つうか)したり停滞(ていたい)したりすることでできる(あめ)範囲(はんい)です1気象(きしょう)レーダーの画像(がぞう)()ると、(あめ)範囲(はんい)細長(ほそなが)(ひろ)がっているため、こう()ばれます。(あめ)範囲(はんい)(はば)は20~50kmで、(なが)さは50~300km。ふつうの積乱雲(せきらんうん)(すう)kmから十数kmの範囲(はんい)で30(ぷん)~1時間(じかん)(あめ)()らせるのに(たい)して、線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)(すう)時間(じかん)にわたってとても(つよ)(あめ)()らせるので、土砂(どしゃ)災害(さいがい)などを()()こすおそれがあります

線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)のでき(かた)は、(かぜ)()きや形状(けいじょう)などによっていくつかのパターンに()けられます2。その(なか)(もっと)(おお)いのが「バックビルディング(後方(こうほう)形成(けいせい)(がた)3。ある場所(ばしょ)積乱雲(せきらんうん)Aが発達(はったつ)し、上空(じょうくう)(かぜ)()って移動(いどう)した(あと)、その(うし)ろ(風上(かざかみ)(がわ)積乱雲(せきらんうん)Bが発達(はったつ)し、それが(かぜ)(はこ)ばれた(うし)ろに今度(こんど)積乱雲(せきらんうん)Cが発達(はったつ)し…というのをくり(かえ)すうちに、積乱雲(せきらんうん)(れつ)ができます。(あめ)()るなどして積乱雲(せきらんうん)Aの(いきお)いが(よわ)まっても、その(うし)ろから積乱雲(せきらんうん)B・Cがやって()るため、(はげ)しい(あめ)長時間(ちょうじかん)()(つづ)けるというわけです。

線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)発生(はっせい)するには、(おお)きく()けて4つの条件(じょうけん)があると(かんが)えられています。1つ()は、積乱雲(せきらんうん)(もと)になる(あたた)かく湿(しめ)った空気(くうき)が、地上(ちじょう)付近(ふきん)継続(けいぞく)して大量(たいりょう)(なが)れこむ(れこむ)こと。2つ()は、(なが)()んできた(あたた)かく湿(しめ)った空気(くうき)(たか)(ところ)まで()()げやすい前線(ぜんせん)地形(ちけい)などがあること。3つ()は、大気(たいき)状態(じょうたい)不安定(ふあんてい)積乱雲(せきらんうん)発達(はったつ)しやすいこと。そして4つ()は、上空(じょうくう)(かぜ)影響(えいきょう)積乱雲(せきらんうん)(れつ)をつくることです。

 線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)という言葉(ことば)は、広島県(ひろしまけん)豪雨(ごうう)災害(さいがい)発生(はっせい)した2014(ねん)ごろからひんぱんに使(つか)われるようになった(あたら)しい用語(ようご)ですが、さまざまな研究(けんきゅう)(すす)んでいて、(うえ)説明(せつめい)したでき(かた)発生(はっせい)する条件(じょうけん)なども()かってきました。こうした研究成果(けんきゅうせいか)(もと)にして観測(かんそく)体制(たいせい)強化(きょうか)することで可能(かのう)になったのが、線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)予測(よそく)なのです。

線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)予測(よそく)は、水蒸気(すいじょうき)などの観測(かんそく)(とお)して線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)発生(はっせい)しやすい気象(きしょう)条件(じょうけん)をとらえて、さらにスーパーコンピューター富岳(ふがく)」で分析(ぶんせき)するなどして線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)発生(はっせい)予測(よそく)するものです。発生(はっせい)のおそれがあるときは、その半日(はんにち)から6時間(じかん)(まえ)までに気象(きしょう)情報(じょうほう)(なか)(つた)えます4)
全国(ぜんこく)を11ブロックに()けて、「○○地方(ちほう)では、▲日夜(にちよる)には、線状(せんじょう)降水(こうすい)(たい)発生(はっせい)して大雨(おおあめ)災害(さいがい)発生(はっせい)危険(きけん)()急激(きゅうげき)(たか)まる可能性(かのうせい)があります」と()びかけます。(とく)降雨(こうう)(りょう)(おお)いと予想(よそう)される場所(ばしょ)と、24時間(じかん)予想(よそう)降雨(こうう)(りょう)発表(はっぴょう)されます。
それを()たり()いたりしたときは、大雨(おおあめ)警報(けいほう)市町村(しちょうそん)()避難(ひなん)情報(じょうほう)なども確認(かくにん)して、各自(かくじ)がとるべき行動(こうどう)判断(はんだん)することが(もと)められます。たとえば、(がけ)のそばから(はな)れたり、(あめ)()()(まえ)避難(ひなん)したりして、()安全(あんぜん)確保(かくほ)しましょう。

記事公開:2022年7月

参考資料

1)気象庁「気象庁の水害対策(線状降水帯の予測精度向上と地域防災支援に向けた取組)」:

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/kishojoho_senjoukousuitai.html

2)津口裕茂「線状降水帯」『天気』.2016年9月.日本気象学会:https://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2016/2016_09_0011.pdf

3)ウェザーニューズ『ウェザーニュース』「集中豪雨をもたらす線状降水帯とは?」:https://weathernews.jp/s/topics/201707/070145/

4)気象庁「線状降水帯に関する各種情報」:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/kishojoho_senjoukousuitai.html

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP