むし歯について調べちゃおう

むし歯について調べちゃおう

6月4〜10日は、歯の健康や病気の予防について考える歯の衛生週間だ。きみは、歯を大切にしているかな? 歯には、食べ物をかんで細かくするという大切なはたらきがある。でも、歯みがきをしなかったり、あまいものをたくさん食べたりすると、むし歯になってしまう。どうしてむし歯になるのか、むし歯を予防するにはどうしたらいいのか調べちゃおう。

乳歯から永久歯へ

歯は、食べ物を食べるときにとても大切なはたらきをしている。歯のいちばんのはたらきは、食べ物をかんで細かくし、飲みこみやすくすること。もし、歯がなかったら、よほどやわらかいものでないかぎり、食べるのはむずかしいよね。

生まれたばかりの赤ちゃんには、歯はなくて、2才ごろから生え始める。このとき生えるのは、乳歯という子どもの歯だ。6才くらいになると、乳歯がぬけて、乳歯よりも大きな大人の歯が生えるようになる。この歯は、ぬけてしまったら二度と生えてくることがないので、永久歯というよ。乳歯は20本だけど、永久歯はふつう32本。とくに永久歯は、大切にしたいものだね。

歯にはいろいろな形がある

鏡に映して歯を見てごらん。形のちがう歯があることがわかるかな。人間には、門歯(前歯)、犬歯(糸切り歯)、きゅう歯(おく歯)という3種類の歯があるんだ。

門歯は、前歯のことで、ものをかみ切るはたらきをする。犬歯は、門歯のおくにある歯で、先がとがっているので、ものを切りさきやすい。さらにそのおくにあるのが、きゅう歯だ。きゅう歯は、うすのような形をしていて、ものをかみくだいたり、すりつぶしたりしやすい。この3種類の歯があるおかげで、人間は、肉も野菜も、細かくできるんだ。

酸が歯をとかすのがむし歯

むし歯の原因は、口の中にいるミュータンスきんというばいきんだ。しっかり歯をみがかないと、歯の表面や歯と歯ぐきのさかい目に白いかすのようなものがくっついていることがある。これは、むし歯きんなどばいきんのかたまりで、プラークという。プラークから出る酸のせいで、歯がとけてしまうんだよ。

むし歯きん
むし歯の原因となるむし歯きん。このきんが歯をとかすとむし歯になる。

むし歯になると、歯がだんだんとけて穴が開いたりする。少し歯がとけたくらいのころは痛くないけど、だんだん穴が深くなるにつれて、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりする。そのまま放っておくと、自分の歯をうしなってしまう。

できたばかりのむし歯
できたばかりのむし歯。歯の表面のエナメル質がとかされた。このときは痛みを感じない。
ぞうげ質まで穴が開いたむし歯
エナメル質の下のぞうげ質まで穴が開いたむし歯。冷たい物がしみるようになる。
歯ずいまで進んだむし歯
ぞうげ質の下の歯ずいまで進んだむし歯。この状態になると、強く痛むようになる。
さらにむし歯が進んだ状態
さらにむし歯が進んだ状態。歯の根までむし歯になっていると歯をぬくこともある。

出典:テーマパーク8020

最新技術でむし歯を治す

むし歯になってしまった歯を治すには、これまで、むし歯の部分をけずり、金属のつめ物をすることがほとんどだった。でも、この方法だと、残っている歯と金属のつめ物のすき間にプラークがたまり、またむし歯になることもある。そこで、新しい治療方法の研究も進められている。

東北大学などは、けずった部分に、歯と同じ成分の細かなつぶをふきつける方法を開発した。この方法では、むし歯をけずってできた穴につぶをふきつけて穴をうめて、むし歯だった歯をもとの歯のようにする。この方法は、これまでの治療に比べて、歯との間のすき間が少なく、もとの歯に近くなるので、またむし歯になることは少ない。数年後には、この方法で治療できるようになる見こみだ。また、健康な歯をむし歯きんから守る成分をふきつけて、むし歯の予防などもできると考えられているよ。

食べた後は、すぐみがこう

むし歯にならないためにも、しっかり予防をしよう。

むし歯予防で大事なのは、プラークができないように、ものを食べた後は、歯についた食べかすをしっかり取りのぞくことだ。そして、歯みがきは正しくしよう。

むし歯予防で大事なのは、プラークができないように、ものを食べた後は、歯についた食べかすをしっかり取りのぞくことだ。そして、歯みがきは正しくしよう。

歯ブラシの大きさは、前歯2本分くらいがいい。また、毛先が開いたら、新しいものにかえよう。毛先が開いた歯ブラシでは、食べかすをしっかり落とせない。

みがくときは、歯にブラシをきちんとあて、あまり力を入れずに軽く小きざみにみがこう。食べかすは、おく歯のみぞや、歯と歯の間などに残りやすい。そういうところは、とくにしっかりみがこう。また、デンタルフロスという糸を使って、歯と歯の間の食べかすを取り除くとより効果的だ。

食べ物と食べ方にも気をつけて

歯みがきのほかにも、むし歯を防ぐためによいことがある。それは、食べるものと食べ方に気をつけること。砂糖をふくんでいる食べ物や、歯に食べかすがくっつきやすい食べ物には注意しよう。また、おやつなどを、いつまでもだらだら食べるのも大問題。食べ物を食べている間と食べた後は、むし歯きんが出す酸のせいで、口の中がむし歯になりやすい状態なんだ。

食べるときには、よくかむことも大切だ。よくかんで食べると、口の中にだ液(つば)が出てくる。だ液は、酸のはたらきをおさえて、口の中をむし歯ができにくい状態にするはたらきがある。

また、毎日、歯をチェックして、むし歯があったら早めに歯科医院に行こう。むし歯があまり進んでいないうちなら、短い期間で治療も簡単に終わるよ。

いつまでも自分の歯で、おいしいものが食べられるよう、日ごろから、歯の健康に気をつけたいものだね。

PAGETOP