メニュー閉じる

「地球防衛隊SDGs」第15話解説編「モノの作られ方に注目して、買い物をしよう」

「地球防衛隊SDGs」第15話解説編「モノの作られ方に注目して、買い物をしよう」

最近「SDGs」という言葉をよく目にするようになったよね。
学校で習った人もいるはず。
ちょっとむずかしそうだけど、学習まんが「地球防衛隊ちきゅうぼうえいたいSDGs」で楽しく学んじゃおう。
今回は、働き方の問題を解決かいけつするために、一人ひとりにできることについて説明するよ。

児童労働とフェアトレードがテーマのまんが第15話はコチラ!

世界の労働問題――10人に1人の子どもが働いている!?

ねえ、スモール。
開発途上国かいはつとじょうこくでは、空たちと同じくらいのとしで、働いている子どもがいるんだよね。

まんが第15話「働き方について考えてみよう!②」より
スモール

国際こくさい労働機関(ILO)が発表したデータ(※)によると、5さいから17歳の子どもの10人に1人、約1億5,200万人もの子どもが働いているんだ。そのうちの約半数、7,300万人が、健康や安全を害する可能性かのうせいがある、危険きけんな仕事についていると言われているよ。

危険な仕事……! なんだかこわい……!

それに、子どものときから働いていると、学校に行けないよね?

スモール

そうだね。教育を十分に受けられないことで、仕事が選べず、大人になってからもまずしさからけ出せないという状況じょうきょうが生まれているんだ。
こうした「児童労働」の問題にはいろんな原因げんいんがある。
その中のひとつに、日本のような先進国の人たちが、安いモノを求めすぎることや、どうやってモノが作られているかを知らなすぎることにあるんだよね。

たしかに、お店で「これ、どうやって作られているんだろう?」って考えたこと、なかったよ……。

モノがどのようにつくられているか、にも注目してみよう

スモール

そこで商品を選ぶヒントが……

「フェアトレード」だね!

まんが第15話「働き方について考えてみよう!②」より
スモール

そう! フェアトレード以外にも、買い物を通じて、すべての人が、働きがいと十分な収入しゅうにゅうのある仕事につけるような環境かんきょうづくりに貢献こうけんできる方法があるよ。
たとえば、しょうがいのある人たちを積極的にやとうことで、だれもが自立し、社会に参加することを応援おうえんしている会社もあるんだ。

へえ! じゃあ、そういう商品を選んで買うことで、障がいのある人たちの活やくを応援できるんだね。

スモール

「安いから」だけじゃなくて、よく考えたり、調べたりしながら、モノを選んで買うこと。これが「働き方」の問題解決かいけつにもつながっていくんだよ。

なんだか、お店にならんでいる商品の見方が変わった気がする!
空にもできることから、やってみようっと!

みんなもモノの作られ方に注目して買い物してみてね。

まんが第16話は【2月12日(金)】公開!

構成・文/塚田智恵美
イラスト/奈良裕己

PAGETOP