メニュー閉じる

「地球防衛隊SDGs」第17話解説編「バーチャルウォーターから見える、世界の水問題」

「地球防衛隊SDGs」第17話解説編「バーチャルウォーターから見える、世界の水問題」

最近「SDGs」という言葉をよく目にするようになったよね。
学校で習った人もいるはず。
ちょっとむずかしそうだけど、学習まんが「地球防衛隊ちきゅうぼうえいたいSDGs」で楽しく学んじゃおう。
今回は、まんが第17話に出てきたバーチャルウォーターの考え方について解説かいせつするよ。

水のムダづかいがテーマのまんが第17話はコチラ!

海外から“食べ物”を輸入ゆにゅうする=“水”を輸入している?

ねえ、スモール。
お肉や野菜、果物をつくるためにも“水”が必要なんだよね。
日本はたくさん食料を輸入しているから、実は、海外から“水”を輸入していることになる………って知って、ビックリしたよ。
えっと……その考え方をなんていうんだっけ……?
バーチャ……バーチャル……。

スモール

バーチャルウォーター! 仮想水かそうすいという言い方をすることもあるよ。
輸入した食料を、もし、すべて自分の国でつくるとしたら、どれくらいの水が必要なのかを計算したものなんだ。

まんが第17話「水は当たり前?②」より
スモール

たとえば牛は、穀物こくもつを食べて育つよね。
その穀物をつくるには、大量の水が必要で……というふうに考えていくと、牛肉1キロをつくるには、その約20,000倍もの水が必要だといわれているんだ。(※)

※参照:環境かんきょう省「バーチャルウォーターとは」

20,000倍!? そんなに必要なの!?
ねえ、スモール……。それって、海外でつくられた食料を輸入するのと一緒いっしょに、海外の「水」も一緒に輸入しているってことなんじゃないかなあ……。

スモール

そのとおり!
日本の食料自給りつはカロリーベースで40%程度ていどだと言われているから、日本は海外の水に、すごくたよっていることになるよね。

そう考えると、世界で起きている水の問題(まんが第16話「水は当たり前?①」)も、なんだか自分たちの問題のように感じられるね。

気づかないうちに海外の国の水をうばっていたかもしれないんだから。

スモール

そうだね。資源しげんはみんなでわけあうもの
世界中の人々が、必要な水を、必要なときに利用できるように、ものをつくる過程かていでつかう水の量を、できるたけ削減さくげんしたり、さい利用したりする取り組みもされているよ。

まずは、海外から輸入している肉や野菜、パンなどが、どれだけの水を使ってつくられているのか興味きょうみをもって調べてみよう!

【バーチャルウォーター量を計算できるサイト】

水不足の問題は、世界中で協力して解決していかなきゃいけないんだね!

みんなも「仮想水計算機」でいろいろ計算してみよう!

まんが特別編公開中!

構成・文/塚田智恵美
イラスト/奈良裕己

PAGETOP