メニュー閉じる

「地球防衛隊SDGs」第20・21話解説編「適切な森林管理で、生きものの暮らしを守ろう」

「地球防衛隊SDGs」第20・21話解説編「適切な森林管理で、生きものの暮らしを守ろう」

最近「SDGs」という言葉をよく目にするようになったよね。
学校で習った人もいるはず。
ちょっとむずかしそうだけど、学習まんが「地球防衛隊ちきゅうぼうえいたいSDGs」で楽しく学んじゃおう。
今回は、森林とSDGsとの関係について解説(かいせつ)するよ。

生物多様性(たようせい)がテーマのまんが第20話第21話はコチラ!

この30年間で、日本5()分の森林が消えた!?

ねえ、スモール。
「緑の砂漠(さばく)」の問題を知ってビックリしたよ。自然をやみくもに(こわ)したり、人工林をつくったのに手入れをしなかったり……。人間の行動が原因(げんいん)で、生きものの食べものや()らしが(うば)われちゃうなんて。

スモール

山や海、森林などの自然の中で、たくさんの生きものが関わり合いながら、バランスよく存在(そんざい)している。こうした自然を守ることが、生物多様性(たようせい)を守ることにつながるんだよね。

まんが第20話「生物多様性を守ろう③」より
スモール

でも、今、その大事な森がどんどん失われていっているんだ。世界では「1990年から2020年の30年間で、日本の国土面積の約5倍もの森の面積が()った」というデータもあるよ。

※参照:世界森林資源評価(FRA)2020(国際連合食糧農業機関)

https://www.rinya.maff.go.jp/j/kaigai/attach/pdf/index-22.pdf

日本の面積の約5倍!? そんなに()ったのなら、生きものの絶滅(ぜつめつ)が進むのも仕方ないよ!

スモール

生物多様性(たようせい)を失うことは、未来の人間の()らしを(うば)うことにもなる。だからこそ、SDGsには「15 陸の(ゆた)かさも守ろう」という目標があるんだね。

空たちができることから、取り組もう! まずは「適切(てきせつ)な森林管理」をされて生産された紙製品(かみせいひん)を使うことや、紙を大切に使うことだよね!

まんが第21話「生物多様性を守ろう④」より
スモール

製品(せいひん)だけじゃないよ! たとえば、FSC認証(にんしょう)を受けている製品(せいひん)の中には、タイヤなどもあるんだ。石油などからつくられる合成ゴムじゃなくて、管理された森林からつくられた天然ゴムを使っているタイヤなんだよ。

へえ~タイヤか! 「適切(てきせつ)な森林管理」をへてつくられたものは、紙以外にもいろいろあるんだね! ものを買うときは、どうやってつくられたのかを気にしてみなくちゃ。

スモール

そう、それもSDGs達成のための大切な一歩になるはずだよ! 人間にとっても生きものにとっても大事な、自然の(ゆた)かさを守っていこうね!

まんが第22話はコチラ

構成・文/塚田智恵美
イラスト/奈良裕己

PAGETOP