デザインを工夫して! いっしょにチャレンジ、手作りマスク

デザインを工夫して! いっしょにチャレンジ、手作りマスク

新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の広がりで、マスク不足が続いているね。マスクは店で買えなくても、身近な材料を使って作ることができるんだよ。

感染を広げないためのマスク

まず、どうしてマスクをするとよいか考えてみよう。

新型コロナウイルスは、感染している人のせきやくしゃみで空気中にちらばって、それが周囲(しゅうい)の人の口や鼻に入って感染する「飛沫感染(ひまつかんせん)」で広がる。マスクは、飛沫を飛ばさないために役立つよ。

ドアノブやスイッチ、エレベーターの手すりなどにウイルスがついていると、そこにふれた手で、口や鼻にさわることで感染することもある。マスクをしていると、口や鼻に直接さわらずにすむのもよい点だ。

マスクさえしていれば感染しないわけではないが、もし自分が感染していた場合に、周りの人たちにウイルスをうつさないために役立つ。

キッチンペーパーで作る〝使い捨てマスク〟

①手をきれいに洗(あら)う。またテーブルなど、マスクを作る場所をきれいにする。

 

②ヘアゴムや帽子(ぼうし)用のゴムひもを長さ30cmくらいに切り、輪に結ぶ。これを2本用意する。

③キッチンペーパーを横長に置き、2~3cmごとにじゃばらに折る。

④両はしに両面テープをはる。

⑤ ④の両はしを折って②のゴムひもを通し、両面テープをはる。これで完成だ。

キッチンペーパーをじゃばらに折ることで、鼻やあごにぴったりするようになる。また、ゴムひもは洗って再(さい)利用することもできる。

 

がらつきのキッチンペーパーを使えば、もっとおしゃれなマスクが作れるよ。

クレヨンなどで絵を描(か)いたり、ワンポイントでシールをはったりして、自分だけのマスクを工夫して作ってみよう。

鼻の部分がぴったりするようにひと工夫!

市販のマスクのように、鼻の部分がぴったりするように作るには、ラッピングタイ[おかしなどの袋(ふくろ)をとめるワイヤーが入ったビニールひも]を使うと便利だ。マスクの上の、鼻に当たる部分にラッピングタイ(下のイラストの黄色い部分)を置き、両面テープをはって、キッチンペーパーを折って包むように止めよう。

マスクの上になる部分にマスキングテープをつけ、鼻にそって折り目をつける方法でもできるよ。

マスクを手に入れにくいと不安になるかもしれない。でも、こうして自分で作れることがわかったね。

新型コロナウイルス感染症がこれ以上広がらないよう、できることから始めてみよう!

    PAGETOP