micro:bit(マイクロビット)でプログラミングを楽しもう!

micro:bit(マイクロビット)でプログラミングを楽しもう!

2020年4月から、小学校で“プログラミング教育”がスタートする。
けど、「プログラミング」という教科がつくられるわけではなく、算数や理科などの教科を通して、身近な家電などにコンピュータが内蔵(ないぞう)され、動いている仕組みなどを学んでいくんだ。

“プログラミング”とは、コンピュータに「こうやって動いてほしい」と伝えるために、パソコンなどを使ってコンピュータがわかる言葉である「プログラム」を作ること。

むずかしそうに聞こえるけど、「micro:bit」(マイクロビット)を使えば、手軽にプログラミングを楽しめる。

micro:bitとは? 

「micro:bit」は、イギリス生まれの教育向けマイコンボード。ボタンやセンサーなどが搭載(とうさい)されていて、パソコンで作ったプログラムを取り込(こ)めば、さまざまなことができるようになる。イギリスだけでなく、多くの国で子どもたちがプログラミングを学ぶために使っているんだ。日本でも家電量販店(かでんりょうはんてん)などで買うことができるよ。

表にはAボタンとBボタンなどがある。中央の白い線は、LED。赤く光って数字などを表示(ひょうじ)できる。

裏(うら)には地磁気(ちじき)センサーや、温度センサーや加速度センサーなどが搭載されている。

プログラムを作れば、部屋の温度や、方位などを表面のLEDに表示させることもできるんだ。

「相性診断装置」をつくってみよう!

micro:bitを使えば、いろいろ作れそうだけど、最初は何を作ればいいか、悩んでしまうよね。

そんなときにぜひチェックしたいサイトが「CODEPARK」(コードパーク)だ。

「高速パンチカウンター」や「早押(お)しボタン」など楽しい装置のつくり方をわかりやすく教えてくれる。

キッズネット編集部(へんしゅうぶ)が、それらの中から「相性診断装置(あいしょうしんだんそうち)」づくりに挑戦(ちょうせん)してみたよ。

「相性診断装置」は、二人の相性を占(うらな)うプログラム。micro:bitのAボタンとBボタンを二人で同時に押(お)すと、二人の相性が数字で表示(ひょうじ)される。「0」が最も相性が悪く、「10」は最高に相性が良いと診断されるんだ。

まず、パソコンでプログラムを作る。ブラウザというソフトで「Microsoft MakeCode for micro:bit」にアクセスする。操作(そうさ)方法は「CODEPARK」(コードパーク)でチェックしてね。

ブロックを組み合わせてプログラムを作る。

これは、「ボタンのAとBが同時に押されたときに、0から10までの乱数(らんすう)を表示する」というプログラム。

乱数を表示とは、いずれかの数字を不規則(ふきそく)に表示する、ということだよ。

プログラムを作ったら、画面左上のシミュレーターで動作をチェック。

シミュレーターとは、パソコン画面上にmicro:bitを再現(さいげん)したもので、思ったとおりに動くか確認できるんだ。

A+Bボタンを押したら、「2」と表示された。

プログラムに問題はないようだ!

シミュレーターで正しく動いたら、パソコンとmicro:bitをUSBケーブルでつなぐ。

そして、パソコン画面の「ダウンロード」ボタンを押すと、作ったプログラムがmicro:bitに取り込(こ)まれる。

パソコンでの作業はここで終了(しゅうりょう)だ。

今度はUSBケーブルでモバイルバッテリーにつなぐ。

電気がないと、micro:bitだけでは動かないんだ。

では、編集部二人の相性を占ってみよう。

二人で同時にAボタンとBボタンを押す。

結果は「9」! かなり相性が良いみたいだ。

「CODEPARK」(コードパーク)には、「相性診断装置」のほかにも楽しい装置がたくさん紹介(しょうかい)されているから、ぜひチェックして挑戦してみてね!

    PAGETOP