プログラミングで「こまった」を解決! 『第2回NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト』

プログラミングで「こまった」を解決! 『第2回NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト』

2019年12月7日(土)に、東京・秋葉原で『第2回 NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト』最終審査(しんさ)会・表彰(ひょうしょう)式が行われたよ。

「micro:bit」を使った作品が多かった

このコンテストは、プログラミングを使って、身の回りのこまったことを解決(かいけつ)したり、自分が欲しいものを作れたりという、プログラミングの魅力(みりょく)を子どもたちに感じてもらうために行われている。

 

今回の応募(おうぼ)する条件(じょうけん)は、センサーやモーターを活用した「モノづくり」をふくむこと。

 

小学生、中学生を対象に2019年8月30日から2019年9月30日までの1か月間、「自由部門」・「課題解決部門」の2つの部門で募集が行われたんだ。

 

温度を感じるセンサーや光って文字を表示(ひょうじ)できるLEDなどをのせたマイコンボード「micro:bit」(マイクロビット)を使った作品が多かったよ。

無線リモコン式のクレーンゲームを作った参加者もいた。

そもそも“プログラミング”とは?

“プログラミング”とは、コンピュータに「こうやって動いてほしい」と伝えるために、パソコンなどを使ってコンピュータがわかる言葉である「プログラム」を作ること。

2020年からは小・中学校でも習う予定だ。

受賞結果

【自由部門】 氏名 作品名
自由部門最優秀賞 レノボ・ジャパン 松本 遼馬
(まつもと りょうま)さん
「りょうまのボクシングゲーム」
micro:bit 教育財団賞
自由部門
遠藤 最
(えんどう かなめ)さん
「マイクロビットバランスボード」
スイッチエデュケーション賞 自由部門秋山 快誠
(あきやま かいせい)さん
「micro:bit messenger
(マイクロビット メッセンジャー)」
マイクロソフト賞 自由部門 網野 瑛仁
(あみの えいと)さん
「無線リモコン クレーンゲーム」

自由部門最優秀賞の「りょうまのボクシングゲーム」は、「micro:bit」と、パソコン画面上でブロックを組み合わせてプログラムを作れる「Scratch」(スクラッチ)を使ったボクシングゲーム。

遼馬さんのお母さんがストレス解消(かいしょう)できて、楽しく遊べるようにと考えて作ったそうだ。

【課題解決部門】氏名 作品名
課題解決部門最優秀賞 NECパーソナルコンピュータ 近藤 結実
(こんどう ゆうみ)さん
「メダカのためのえさやり機」
micro:bit教育財団賞 課題解決部門 中尾 碧杜
(なかお あおと)さん
「ブザーロボット」
スイッチエデュケーション賞 課題解決部門 谷内 皇太
(やち おうた)さん
「ぜったいにおきるめざまし時計」
マイクロソフト賞 課題解決部門磯山 弘樹
(いそやま ひろき)さん
「水出しビット」

課題解決部門最優秀賞の「メダカのためのえさやり機」は、旅行中でも自動でメダカにエサをあげるために作ったそう。時計の短い針に付けた磁石に1日2回「micro:bit」が反応してエサを水槽に落とす装置だ。

みんなも家族やペットが喜ぶようなものを“プログラミング”を使ってつくってみよう!

NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト

micro:bit

PAGETOP