メニュー閉じる

小学生プログラマー日本一を決める「ゼロワングランドスラム」が始動

小学生プログラマー日本一を決める「ゼロワングランドスラム」が始動

一般社団法人ジュニアプログラミング推進機構(東京都千代田区、代表理事:浅井認)は、全国の小学生を対象に、プログラミングの知識やスキルを駆使してスポーツのように競い合う、全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」を2021年5月から7月にかけて開催します。

まるでスポーツ競技! 子どもたちが楽しみながらプログラミングに挑戦

2020年4月より全国の小学校において必修化されたプログラミング教育。その関心度は年々上昇傾向にあります。
このような状況の中、未来を担う小学生たちが「プログラミングって面白い」「もっと上手くなりたい」と感じることができるような場を提供したいという想いから「ゼロワングランドスラム」は企画されました。
大会の運営には、小学生向けエンターテインメント分野で実績のある多くの企業が結集。ブロック大会および決勝大会では、まるでスポーツ大会のように仲間と力を合わせてチームで競い合う競技形式が採用するなど「プログラミングを学ぶ子どもたちの目標となる大会」を目指す工夫がなされています。

予選大会である「1st STAGE」は5月からオンラインでスタート

「ゼロワングランドスラム」は、3月22日(月)の公式サイトオープンに合わせてエントリーの受付がスタート。2021年5月7日(水)~5月23日(日)の期間、オンライン上で開催される「1st STAGE」での成績優秀者30名が、6月に開催予定の東西それぞれのブロックに別れた「2nd STAGE」へとコマを進め、「Scratch」「マインクラフト」といったプログラミングソフトを用いた競技に3人1組のチームで挑戦します。
さらに「2nd STAGE」各ブロックの上位2チーム、計4チームは7月に開催予定の「Final STAGE」に進出。初代チャンピオンとなるチームを決定します。
大会のもようはテレビ東京系のテレビ番組「おはスタ」にてリポートされる予定です。

開催概要

【イベント名】
イベント名:全国小学生プログラミング大会「ゼロワングランドスラム」

【エントリー開始】
3月22日(月)(公式サイト上にて)

【WEB予選開催期間】
5月7日(金)~23日(日)

【ブロック大会開催日】
西日本ブロック大会:6月13日(日)
大阪府堺市にて

東日本ブロック大会:6月20日(日)
埼玉県越谷市にて

【決勝大会開催日】
7月17日(土) 東京都豊島区にて

【参加費】無料

【公式HP】
https://01-grandslam.jp

【協賛】
ヤマハ発動機株式会社(冠協賛)/株式会社Cygames/株式会社NTTドコモ/ポノス株式会社/株式会社ディー・エヌ・エー/株式会社バンダイ/株式会社バンダイナムコエンターテインメント/デル・テクノロジーズ株式会社/イオンモール株式会社

【後援】
後援:大阪府教育委員会/埼玉県教育委員会/上尾市教育委員会/大阪市教育委員会/さいたま市教育委員会/堺市教育委員会/草加市/草加市教育委員会/枚方市教育委員会(五十音順)

【メディアパートナー】
一般財団法人LINEみらい財団/読売KODOMO新聞

【企画協力】
株式会社CA Tech Kids/ユカイ工学株式会社

【運営】
ゼロワングランドスラム実行委員会(株式会社小学館/株式会社小学館集英社プロダクション/株式会社テレビ東京/デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)

【問い合わせ】】
ゼロワングランドスラム大会運営事務局
support@01-grandslam.jp
03-3230-5621(受付時間:平日10:00~17:00)

※大会は、新型コロナウイルス感染予防策を実施しつつ開催されますが、感染拡大状況により、実施方法及び日程については、変更の可能性があります。

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)

学研キッズネット編集部(がっけんきっずねっと)

『学研キッズネット』は、1996年にオープンした小・中学生のためのWebメディアです。学研の子ども向け書籍や雑誌の編集ノウハウを活かし、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営しています。
子どもたちのしあわせのために、家族のしあわせのために、有益な情報やサービスをお届けできるよう、いつも精一杯がんばっています。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP