栄養士・管理栄養士

栄養士・管理栄養士

栄養学を基本に、食の管理とアドバイスをする。給食の献立の作成や、栄養の指導をおこなう。職場は学校、病院、福祉施設から、食品会社・外食産業まで幅広い。栄養士と管理栄養士は、アドバイスできる対象がちがい、資格を取る条件もちがうなど、さまざまなちがいがある。

こんな人にピッタリ!

給食やおうちのご飯をおいしく食べられるだけでなく、自分で作るのが好きな人。人の健康にかかわることなので、注意力と責任感も求められる。おおぜいの中で仕事をするので、協調性があり、自分の意見をはっきり伝えられる人が向いている。

どんな仕事?

献立づくりのほかに、栄養指導など健康管理のアドバイスも

食品のエネルギー(カロリー)や栄養成分の計算をして、食べる人にあった献立を作る。また、それらが調理の現場で衛生的に正しく実行されているか、チェックする。そのほか、病気の予防・改善をはかり、健康状態にあった食事のとり方をアドバイスするのも大事な仕事。直接、調理にかかわること以外にも、業者への食材の発注、伝票処理など細かい事務もおこなう。管理栄養士は予算や組織の人事などにも関与する。1回で100食以上の給食を行う施設では栄養士を、1日で300食以上の給食を行う施設では、栄養士のうちひとりが管理栄養士であることが求められている。

これがポイント!

栄養士になるには?

栄養士の資格を得るには、大学の家政学科や栄養専門学校などの養成施設(2年制以上)を卒業し、各都道府県に申請すれば取得できる。

管理栄養士のほうが難しい

管理栄養士は栄養士の資格を持っていることが前提で、より高度な健康と栄養全般についての知識と技能を要求される。栄養士として所定の年数以上の実務を経験すると、国家試験を受けることができる。初めから管理栄養士をめざすなら、厚生省指定の管理栄養士養成課程のある4年制大学に入学するのがおすすめ。卒業すれば、実務経験がなくても国家試験の受験資格が取得できる。

将来はこうなる

食べ物があふれる時代だからこそ「食と健康」のプロの出番

高脂質の食事による生活習慣病や、食物アレルギー、過食症・拒食症など、豊かさゆえの「食と健康」の問題がクローズアップされている現代。学校、病院、福祉施設などのほかに、スポーツクラブでの栄養アドバイスやダイエットの指導、食品関連企業の商品開発など、活躍の場は広がっている。経験を生かして、フリーの料理家やフードコーディネーターに転身することもできる。 近年の就職状況は、栄養士に比べて管理栄養士のほうが有利。ただし、この資格を持つ人が増えているため、資格をとってもすぐに職場が決まらない場合もある。

データボックス

収入は?

病院や学校など公的施設から、企業の社員食堂などの民間施設まで職場はさまざまなので、就職先の給与体系による。民間の場合の初任給は16万円前後。公立の施設では地方公務員に準じた待遇。決して高収入ではないが、比較的安定した収入が得られる。

休暇は?

大手の民間企業や、学校などの公的機関では、休みが定められている。民間の職場でも、所定の休日については比較的とりやすい。

職場は?

病院がもっとも多い。ほかに小・中学校、給食センター、老人介護施設、保育園、保健所、民間企業の社員食堂、食品会社、スポーツクラブなど幅広い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

なるためチャート

PAGETOP