調理人

自分の腕1本で素材をアレンジする料理のプロフェッショナル。独立、開業しても常に勉強が欠かせない。

こんな人にピッタリ!

料理が好きで、手先も器用。おいしいものに目がなく、創意工夫のできる人。下積みの期間も長いので、忍耐強さも必要。

どんな仕事?

活躍の舞台は多種多様。近年は女性の進出も目立つ

レストランや食堂、喫茶店、料亭、ホテル、旅館、学校、病院、社員食堂などで、お客さんに提供する料理を作るのが調理師の仕事だ。料理の種類によって、西洋料理を作る人をコック、日本料理を作る人を板前などと呼んでいる。かつて、この仕事は男性が中心だったが、最近は女性のシェフや調理人が続々登場しており、女性にも進出のチャンスが広がりつつあるといえるだろう。

これがポイント!

免許取得のメリット

調理師免許がなくても調理人の仕事はできるが、調理師は名称独占資格なので、免許を持っていないと調理師と名乗ることはできない。それだけでなく、病院や学校の給食係は免許が必須条件であることが多いので、持っていたほうが何かと有利だ。

調理師試験を受けるには

調理師試験は各都道府県知事が行うもので、受験資格を得るは中学卒業後2年以上給食施設、飲食店などで実務経験を積む必要がある。ただし、厚生労働大臣が指定の調理師養成施設を卒業すると、無試験で調理師免許が得られる。

将来はこうなる

最近では本格的な料理店も増えており、一流の腕を持った調理師は常に必要とされているので、就職先がなくなる可能性はほとんどない。腕に自信があり、消費者のニーズに応えられれば、これからも必要とされていくだろう。

データボックス

収入は?

働く場所によってだいぶ異なるが、一般的には調理師学校卒業時の未経験者で月収15万〜20万円といわれている。独立して自分の店を持てば、月収100万円以上の高収入を手にすることも夢ではない。もっとも、一人前になるには最低でも10年程度の厳しい修業が必要。

休暇は?

週休2日制を設けているところから、不規則なところまで、こちらも働く場所によってさまざまだ。

職場は?

全国各地どこにでもあるが、やはり多いのは人口の多い大都市や観光地。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

なるためチャート

PAGETOP