パティシエ・パティシエール

パティシエ・パティシエール

さまざまなおいしいスイーツをつくり出すパティシエは、フランス語で“お菓子(かし)をつくるの職人”のこと。男性はパティシエ。女性の場合はパティシエールと呼ばれている。

こんな人にピッタリ!

体力に自信があり、ものをつくるのが好きな人。物事に熱中しやすく、同じ作業をコツコツ続けても苦にならない人が向いている。

どんな仕事?

洋菓子(ようがし)づくりの専門家

日々味覚のアンテナをはり、みんなに好まれる味を追求しながら、ケーキやクッキーなどの洋菓子(ようがし)を生み出す。オリジナリティあふれた新商品を考えるための想像力(そうぞうりょく)とセンスはもちろん、かぎられた時間内に数多く、つねに一定の品質で作れるワザも、プロには求められる。長時間の立ち仕事のため、体力的にもなかなかきついが、女性にも人気の職業だ。

パティシエの職場は洋菓子(ようがし)店だけではない

洋菓子(ようがし)店以外にも、有名ホテル、レストラン、製菓(せいか)メーカーなど働き場所はいろいろだ。製菓(せいか)メーカーは、直接お客さんにお菓子(かし)を作るわけではないが、新しいお菓子を開発する部門にパティシエがいる。また、経験(けいけん)を積み、自分の名前が世間で有名になれば、誰もがあこがれるカリスマパティシエとして、自分の店を開くこともできる。

これがポイント!

学校で知識や技術を学ぶ

高校を卒業後、調理や製菓(せいか)のせん門学校で知識や技術を学び、洋菓子(ようがし)店などに就職(しゅうしょく)して現場で経験をつむケースが多い。また、最近のスクールの中には、海外での研修をプログラムに取り入れている学校もある。製菓(せいか)を学べるコースがある高校もいくつかあり、お菓子(かし)づくりに必要な食品衛生(しょくひんえいせい)・栄養の勉強をはじめ、食品学・製菓(せいか)造形まで、はば広く学ぶことができる。

洋菓子(ようがし)店やホテルで下積みする

チェーン洋菓子(ようがし)店では経験(けいけん)を問わず、パティシエをぼしゅうしている場合も多いので、やる気が一番大事。アルバイトとして採用(さいよう)され、地道に経験を積んだ結果、正社員となり、パティシエとしてかつやくしている人も多い。パティシエになるために、とくに資格(しかく)は必要ないからだ。

独立・開業したいなら

コンクールへおうぼして受賞し、有名になることができれば独立(どくりつ)にグンと近づく。日本国内であれば、食品の安全せいや衛生面(えいせいめん)における知識(ちしき)などをそなえていると認定(にんてい)される「製菓衛生師(せいかえいせいし)」の資格(しかく)や、お菓子(かし)づくりのウデを試される「菓子製造技能士(かしせいぞうぎのうし)」の資格を取得すれば、独立、開業のときに有利になる。

将来はこうなる

日本でもより注目される職業に

近年の洋菓子(ようがし)ブームでさまざまな店ができ、パティシエは西洋では職業(しょくぎょう)として確立(かくりつ)されている。日本でもパティシエという職業そのものが注目されはじめているため、専門職(せんもんしょく)としてみとめられていくだろう。

データボックス

収入は?

洋菓子(ようがし)店に就職(しゅうしょく)した場合、初任給(しょにんきゅう)は15〜18万円程度。金額はお店により変わってくる。

休暇は?

月6日くらい。クリスマスやバレンタイン前などのいそがしい時期は、休みがないこともある。

職場は?

個人経営(こじんけいえい)の洋菓子(ようがし)店、ホテル、レストラン、大手チェーン店、洋菓子メーカー、フードコーディネイターなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

なるためチャート

PAGETOP