フードコーディネーター

フードコーディネーター

最近、テレビやCM、映画や雑誌などで注目をあびている仕事。「食」にかかわる場所で、とても必要とされるそんざいだ。

こんな人にピッタリ!

目標に向かってつきすすむ人。しっかり自分の意見がいえる人。想像力ゆたかな人。

どんな仕事?

「食」に関するさまざまなビジネスに関わる

食文化をはじめ、調理や栄養(えいよう)などのせんもん的な知識をもとに、「食」に関するさまざまなビジネスにかかわる。フードコーディネーターが活やくする場はとてもはば広く、「食」のシーンの演出や料理メニューの企画(きかく)、飲食店のメニュー開発や料理教室を開くなど、まさにさまざまだ。たとえば、テレビの料理番組で、メニューを考え、調理の仕方を指示したり、もりつけるおさらなどを選ぶのもフードコーディネーターの仕事の一つだ。

これがポイント!

せんもん学校やフードコーディネーターの講座に通う

フードコーディネーターになるには、とくに資格(しかく)は必要ない。調理や栄養(えいよう)に関するせんもん学校のフードコーディネーターコースや、スクールが開くフードコーディネーターの講座(こうざ)に通ってなるのが近道といえるだろう。学校に通うことで生まれた人脈が、仕事につながったり、さまざまな「食」に関するじょうほうを入手しやすくなるからだ。また、何よりも経験が重要になってくる業界なので、とにかく「食」について勉強を重ねて知識をたくわえながら、フードコーディネーターやスタイリストのアシスタントとして働いて、現場の経験をつもう。

フードコーディネーターの認定試験を受ける

「食」に関するじょうほうはつきることがなく、フードコーディネーターとしておぼえておく知識に終わりはない。実際、現場での経験からしか身につけることができない知識もある。とはいえ、「フードコーディネーター資格認定試験(しかくにんていしけん)」(日本フードコーディネーター協会)を受けることで、「これだけは知っておきたい知識」を学ぶことができる。資格(しかく)を取ることで、すぐにフードコーディネーターの仕事ができるわけではないが、その資格を足がかりに自分のやりたい「食」の仕事につなげられるだろう。

将来はこうなる

より多様化が進み、活やくの場が広がる

近年は、コンビニのオリジナル商品やデパ地下そうざいなどが注目を集め、その商品開発にフードコーディネーターも関わっている。まさに「食」の多様化が進んでいるため、今後もますますフードコーディネーターの役わりは大きくなっていくだろう。その多様化にたいおうするためにも、栄養士や調理師などの資格(しかく)や、カラーコーディネートの技術も持っていたほうが、仕事がしやすくなるはずだ。

データボックス

収入は?

どこかの会社の社員であると年収300~800万円くらい。勤める会社によってはばがある。フリーのフードコーディネーターの場合は、活やくしている人で年収1000万円くらいだ。

休暇は?

週休2日。フリーの場合は自由に休みを設定できる。

職場は?

フードコーディネーター会社、食品メーカー、広告制作会社、など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

なるためチャート

PAGETOP