パン職人

小麦粉、水、塩、イーストをまぜ合わせ、パン生地を作り、パンを焼き上げる職人(しょくにん)のこと。体力的にハードだが、お客さんの喜ぶ顔が見られたり物作りの楽しさを味わえる仕事だ。

こんな人にピッタリ!

一つのことに熱中しやすい人。物作りが好きな人。目標に向かってつき進む人。

どんな仕事?

お客さんのためにおいしいパンを作る

お米とともに、今や日本人の主食となっているパンを専門に作る職人のこと。毎日おいしいパンを作るには、レシピ通りではなく、日々の気温や湿度の変化におうじて、発酵(はっこう)させる時間を自分で見きわめ、調節しなければならない。パン作りはしこみに時間がかかるため、朝早くから作業する。しかも重たい小麦粉なども運ぶため、かなりの体力が必要だ。スケジュール通りにパンを焼き上げるためには、時間に追われながらの作業になる。知識と経験からパンのことを第一に考えて研究を重ね、お客さんが喜んで食べてくれるパンを開発する。

これがポイント!

専門学校でパン作りのきそを学ぶ

製パン科のある専門学校でパン作りのきそを学び、パン屋やパンメーカーに入社して、パン職人になる人が多いようだ。資格などはとくに必要ないため、中学や高校を卒業してから、直接パン屋につとめることも可能だ。一人前のパン職人になるには、毎日同じ作業をくり返し、一つ一つの技を体で覚えていかなくてはならない。少人数で営業しているパン屋などをのぞき、パン作りの作業は生地作り、生地の成型、パンの焼き上げと分業になっているのがほとんどだ。

将来はこうなる

おいしいパンを生み出してお客さんにアピールが必要

日本では、スーパーやコンビニでもオリジナルのパンが買えるほど、手軽にいろいろな種類のパンを食べることができる。つまり、たくさんのパンが食べられているので、パン職人の活やくの場はふえている。焼き方や原材料にこだわり、種類や味でお客さんにアピールする競争は、これからもさらにはげしくなっていくだろう。そこが、パン職人のうでの見せどころだ。

データボックス

収入は?

高卒でパンメーカーに勤務した場合は16万円くらい、大卒の場合は19万円くらいだ。パン屋の場合は、月収10~12万円くらい。

休暇は?

週休2日制。パンがよく売れる冬場は残業がふえることも。

職場は?

パン屋、パンメーカー、ホテルなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP