バリスタ

カフェやバール(軽食が食べられるきっさ店)などで、高品質(こうひんしつ)のコーヒーとその他関連商品を、サービスとともにお客さんに提供(ていきょう)する。

こんな人にピッタリ!

人とせっするのが好きな人。流行にびんかんな人。人を喜ばせることが好きな人。

どんな仕事?

こだわりの一杯(いっぱい)をお客さんに提供(ていきょう)するコーヒーのスペシャリスト

カフェやバール、レストランで、おいしいコーヒーなどをお客さんに出すコーヒーのプロフェッショナルだ。店で提供する飲み物以外のメニューにも合った、最高の一杯を作り上げるため、コーヒーに対する深い知しきと抽出技術(ちゅうしゅつぎじゅつ)がもとめられる。また、来店してくれたお客さんひとりひとりに喜んでもらえるような質の高いサービスを提供し、心地よい空間をえん出する接客(せっきゃく)技術も、バリスタにとって欠かせない。つねにお客さんのことを考え、新しいものや流行も取り入れつつ、自分が満足のいくコーヒーをいれられるよう、日々勉強を重ねている。

これがポイント!

一流バリスタを目指して、知しきを学び、店で修行(しゅぎょう)する

バリスタには、コーヒーに関する知しきに加え、コーヒーをいれる技術がもとめられる。(財)日本バリスタ協会が指定するせんもん学校やスクールに通って、「バリスタ資格」を取り、じっさいにカフェで働いて、知しきと技術を身につけ、接客力もみがくのがいっぱん的だ。ほかにも、さまざまな店で「バリスタ見習い」として働いて修行したり、海外のバールやコーヒーショップで修行する方法もある。自分がどんな場所で働きたいのか、どんなバリスタになりたいのかを考えて、なりかたを選ぼう。

将来はこうなる

バリスタが日本でもなじみのある仕事に

日本では近年、カフェ人気が高まり、多くの外資系(がいしけい)カフェが進出している。そのぶん、バリスタという仕事も知られるようになってきた。コーヒーだけではなく、店によってはバリスタがカクテルなどのお酒を提供することもあるため、働く店によってはいろいろな仕事にたずさわることも可能(かのう)だ。開業資金を貯めて、自分のカフェを開くこともできるため、やりがいも大きいと言えるだろう。

データボックス

収入は?

月収18〜23万円くらい。バリスタのうでをみがき、有名店で働くことができれば、収入アップも見こめる。

休暇は?

シフト制で月に6〜8日くらい。

職場は?

カフェ、バール、レストラン、ホテルのカフェ、コーヒーせんもん店など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP