カイロプラクター

カイロプラクター

体のゆがみが原因で起こる痛みやこり、内蔵などの不調を、ゆがみを正すことで回復するように促す治療法

こんな人にピッタリ!

状態を的確に把握するために、患者と丁寧なコミュニケーションが取れる、話し上手、聞き上手な人。痛みや不安を和らげる気遣いができる人。患者の状況はさまざまなので、常に勉強を怠らない向上心も必要。

どんな仕事?

薬を使わずに、手技だけで健康の維持回復を図る

カイロプラクティックとは、今から約100年前にアメリカで体系づけられた療法で、薬をいっさい使わず、独特の手技で脊椎のズレや歪みを矯正することにより、健康を維持回復させるもの。こうした治療を行うのがカイロプラクターであり、欧米では医療資格として認められているところもある。現在、日本では独立した医療として認める法律はまだなく、医業類似行為に分類されている。

これがポイント!

WHO(世界保健機関)基準のカイロプラクティック学校で知識を学ぶ

現在、日本ではカイロプラクターは国家資格ではないため、名乗ればすぐにでもカイロプラクターになることはできる。しかし、正しい治療を行うには、高い医療の知識やカイロプラクティック技術が必要だ。そのため日本には、CCE(カイロプラクティック教育しんぎ会)の国際しょうにんを取得したWHO基準のカイロプラクティック学校(4年制)などがある。アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでは、CCE国際しょうにんを取得したカイロプラクティック大学を卒業し、ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)という国家資格を取得する事が求められる。

多くが独立開業をする。もしくは治療院に勤務して経験を積む

カイロプラクティック学校卒業後、独立開業をしたり、カイロプラクティック治療院や病院に入って経験を積む者が多い。中には研究職についたり、講師職についたりする者もいる。

将来はこうなる

近年はリラクゼーション施設が増えており、若い人が施術を受けに来ることも多くなっているので、活躍の場は大きく広がっていると言える。これからの高齢化社会に向けても、自然治癒能力を高めるカイロプラクターのニーズは高まるだろう

データボックス

収入は?

治療院などに勤務している人と独立開業している人とでは若干異なり、平均すると年収は500万から1000万と幅がある。

休暇は?

治療院では、週休2日制になっているところが多い。治療院によっては、夏季、年末年始休暇や有給休暇制度が整っているところもある。

職場は?

カイロ治療院、総合病院、整形外科クリニック、鍼灸治療院、ヒーリングサロンなどのほか、スポーツトレーナーとして活躍する人も。社会的に信用のある専門学校を卒業すれば、就職率はほぼ100%と考えていいだろう。開業するなら開業資金は家賃のほかに、ベッドや器具などの治療設備費として300万円くらいかかる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP