歯科衛生士・歯科技工士

歯科衛生士・歯科技工士

歯科衛生士は歯科医師の治療をサポートする仕事。歯科技工士は入れ歯などの義歯を作る仕事。共に歯科医の重要なパートナー!

こんな人にピッタリ!

歯科衛生士は歯科医師の補助をするから、手先の器用な人向き。医者と患者の気持ちを的確にくみとれる、明るくこまやかな性格の人が良い。歯科技工士は美術などが得意で、手先が器用な人向き。患者の口に合った義歯を作れる腕が要求されるので、きちょうめんな人が良い。

どんな仕事?

歯科衛生士は歯科医の看護師さんのような仕事

歯科衛生士は、歯科医の指示にもとづいて、治療の補助と予防を行う。治療の補助とは、器具の歯科医への受け渡しや消毒など、予防とは、歯垢や歯石の除去、ブラッシングや食事の仕方などの指導が主だ。現在、歯科衛生士のほとんどが女性。

歯科技工士はおもに「入れ歯」を作るのが仕事

歯科技工士は、歯科医が患者の歯からとった歯型をもとに、義歯を作ったり、口に合わなくなった義歯を修繕したりするのが仕事。作るものは、入れ歯、金冠、ブリッジ、継ぎ歯、差し歯などさまざまで、患者の口にびったりのものを仕上げるのはとても難しい。

これがポイント!

専門の勉強をした後、国家試験を受ける

歯科衛生士、および歯科技工士は、専門学校か、短大の歯科衛生士学科、歯科技工士学科、または大学の歯学部で専門知識と技術を学んだ後、国家試験を受ける。なお、歯科技工士は聴覚障害があってもできる仕事なので、ろう学校で養成課程(3年)をもうけているところもある。歯科衛生士の合格率は毎年95%程度。歯科技工士の合格率は毎年98%程度と、ともに高い。

将来はこうなる

歯科衛生士の仕事は「予防」が主体に

歯科衛生士は医師の数に対してかなり不足しているので、将来は有望。特にこれからは治療より予防の比重が高まると予想される。高齢化社会の到来でお年寄りが増えるので、介護施設などで歯の健康を守る指導を行うこともますます増えていくだろう。

歯科技工士の腕が問われる時代に

将来は有望。高齢化社会のため、今後、入れ歯などの義歯を必要とする人は、ますます増えていくだろう。ただし、「自分にピッタリの歯」を求める要求も高まるだろうから、今後は義歯の出来(品質)を問われる時代が来そうだ。腕をみがく必要がある。

データボックス

収入は?

歯科衛生士は診療所の規模などによって差があるが、月収16〜25万円程度。 歯科技工士は年齢と経験によって差があり、月収17〜50万円程度。義歯は保険診療の場合が多く、診療報酬が決まっているため、高い技術の持ち主でもこれ以上の月収を得るのは難しい。

休暇は?

歯科衛生士、歯科技工士ともに、勤務先の定休日にあわせることになる。ただし、歯科技工士で独立開業している場合は、自分で決められる。

職場は?

歯科衛生士は、歯科医院のほか、保健所、老人介護施設など。 歯科技工士は、歯科技工所が約6割。歯科医院、大学病院の歯科技工室が4割ほどだ。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP