メニュー閉じる

臨床心理士(心理カウンセラー)

臨床心理士(心理カウンセラー)

(こころ)問題(もんだい)(かか)えた(ひと)たちの不安(ふあん)(なや)みを親身(しんみ)になって()き、(こころ)状態(じょうたい)理解(りかい)することが大事(だいじ)

こんな(ひと)にピッタリ!

友達(ともだち)相談(そうだん)(ごと)()ちかけられても、むやみに自分勝手(じぶんかって)意見(いけん)()わずに、じっくり(はなし)()いてあげられる(ひと)相手(あいて)(こころ)()()って、一緒(いっしょ)解決(かいけつ)(みち)(さぐ)ることができる(ひと)

どんな仕事(しごと)

(なや)んでいる(ひと)自分(じぶん)(こた)えを()せるようにサポート

よく誤解(ごかい)されるが、相手(あいて)の「人生(じんせい)相談(そうだん)」に(こた)えを()仕事(しごと)ではない。(なや)んでいる(ひと)(はなし)をよく()き、よき理解者(りかいしゃ)となって、(なに)問題(もんだい)なのかを的確(てきかく)分析(ぶんせき)した(うえ)で、本人(ほんにん)(こた)えを見出(みいだ)せるように手助(てだす)けする仕事(しごと)だ。深刻(しんこく)(はなし)()きずられて、いっしょに()()んではいけない。まず、自分(じぶん)(こころ)がしっかりしていなければ(つと)まらない。

これがポイント!

指定(してい)大学院(だいがくいん)進学(しんがく)

まず、臨床(りんしょう)心理学(しんりがく)(こころ)問題(もんだい)解決(かいけつ)するための知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)(まな)実践的(じっせんてき)学問(がくもん))に(つよ)大学(だいがく)入学(にゅうがく)卒業(そつぎょう)()日本(にほん)臨床(りんしょう)心理士(しんりし)資格(しかく)認定(にんてい)協会(きょうかい)指定(してい)した大学院(だいがくいん)(1(しゅ)と2(しゅ)がある)に入学(にゅうがく)。1(しゅ)修士(しゅうし)課程(かてい)修了(しゅうりょう)すると「臨床(りんしょう)心理士(しんりし)資格(しかく)審査(しんさ)」の受験(じゅけん)資格(しかく)()られる。2(しゅ)修了(しゅうりょう)()1(ねん)以上(いじょう)実務(じつむ)経験(けいけん)()て、受験(じゅけん)資格(しかく)()られる。資格(しかく)審査(しんさ)合格(ごうかく)(りつ)は70%前後(ぜんご)だ。

民間(みんかん)団体(だんたい)資格(しかく)()れる

臨床(りんしょう)心理士(しんりし)以外(いがい)にも、民間(みんかん)団体(だんたい)独自(どくじ)講座(こうざ)修了者(しゅうりょうしゃ)対象(たいしょう)心理(しんり)カウンセラーの資格(しかく)認定(にんてい)している。ただし、臨床(りんしょう)心理士(しんりし)(くら)べると社会的(しゃかいてき)信用度(しんようど)(ひく)い。受験(じゅけん)資格(しかく)(かく)団体(だんたい)によって様々(さまざま)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

学校(がっこう)職場(しょくば)でも、「(こころ)問題(もんだい)」は()えつつある

これからの仕事(しごと)として、活躍(かつやく)()(ひろ)がっていくだろう。仕事(しごと)でストレスがたまったり、いじめや不登校(ふとうこう)(あと)()たなかったり、(いま)社会(しゃかい)(こころ)問題(もんだい)山積(やまづ)みで、「親身(しんみ)になって相談(そうだん)()ってくれる(こころ)援助者(えんじょしゃ)」を必要(ひつよう)としているからだ。(こころ)問題(もんだい)年齢(ねんれい)境遇(きょうぐう)によって様々(さまざま)特定(とくてい)専門(せんもん)分野(ぶんや)知識(ちしき)経験(けいけん)()かしたカウンセラーも(もと)められている。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

この仕事(しごと)病院(びょういん)でも企業(きぎょう)でも非常勤(ひじょうきん)(おお)い。(しゅう)2(にち)程度(ていど)非常勤(ひじょうきん)月収(げっしゅう)10~15(まん)(えん)常勤(じょうきん)でも高給(こうきゅう)(のぞ)めない。現状(げんじょう)(きび)しいが、職業(しょくぎょう)としてのニーズは()えていくことが予想(よそう)されるので、待遇面(たいぐうめん)での改善(かいぜん)(すす)むはずだ。また、安定(あんてい)した収入(しゅうにゅう)()るには、地方(ちほう)公務員(こうむいん)試験(しけん)合格(ごうかく)して(かく)都道府県(とどうふけん)精神(せいしん)保健(ほけん)福祉(ふくし)センターの心理(しんり)(しょく)()くか、保健所(ほけんじょ)精神(せいしん)保健(ほけん)相談(そうだん)(いん)になる()もある。

休暇(きゅうか)は?

休日(きゅうじつ)出勤(しゅっきん)必要(ひつよう)になるほど物理的(ぶつりてき)にハードな仕事(しごと)ではない。だが、精神的(せいしんてき)には(きび)しい仕事(しごと)なので、他人(たにん)のストレスに()しつぶされないよう、(つね)(こころ)のリフレッシュが必要(ひつよう)

職場(しょくば)は?

病院(びょういん)精神(せいしん)神経(しんけい)()企業(きぎょう)心理(しんり)相談(そうだん)(しつ)精神(せいしん)保健(ほけん)福祉(ふくし)センターや保険(ほけん)(じょ)児童(じどう)相談所(そうだんじょ)などの福祉(ふくし)施設(しせつ)警視庁(けいしちょう)少年(しょうねん)相談(そうだん)担当(たんとう)心理(しんり)技師(ぎし))、学校(がっこう)(スクールカウンセラー)、民間(みんかん)のカウンセリング・クリニックなど、様々(さまざま)なところがある。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP