理学療法士・作業療法士

理学療法士・作業療法士

さまざまな療法で身体の機能の回復を図り、患者の社会復帰を支援する縁の下の力持ち。ニーズは高まる一方で、就職率はほぼ100%

こんな人にピッタリ!

明るく協調性があって、包容力と忍耐力のある人。人のために何かをすることにやりがいを感じる人。体力や繊細な気配りの心も大切。

どんな仕事?

社会復帰の手助けを行う専門家

病気やけがによって身体が不自由になった人に対し、運動療法やマッサージによる治療、電気で患部に刺激を与えるなどの物理的な療法を通じてリハビリテーションを行うのが理学療法士だ。一方、作業療法士は身体や精神に障害を持つ患者に対し、工作や手芸、園芸などの作業を指導し、社会参加の手助けを行う。高齢化の進行などで福祉サービスの充実が進められている現在、これらの仕事への需要は年々高まっている。

これがポイント!

どちらも国家試験の合格が必須

理学療法士も作業療法士も国家試験に合格しなければなることはできない。どちらも養成課程がある大学や短大、厚生労働大臣指定の養成施設で規定の期間勉強し、単位を修得する必要がある。近年はニーズが高まり、学校への入試は倍率が高いが、国家試験の合格率はどちらも80~90%とかなり高くなっている。

将来はこうなる

就職率はほぼ100%

理学療法士および作業療法士になるには、厚生省が実施しているそれぞれの国家試験に合格しなければならない。現在はどちらの職業も、慢性的な人手不足の状態になっていることから、資格を取得することができれば、就職率はほぼ100%と考えて間違いないだろう。

データボックス

収入は?

勤務先によって多少異なるが、理学療法士、作業療法士とも、大卒者の初任給はだいたい17~18万円程度。

休暇は?

どちらも基本的には規則的な勤務だが、月に数回の夜勤がある場合もも。

職場は?

病院、保健所やリハビリテーションセンター、特別養護老人ホーム、肢体不自由児施設など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP