メニュー閉じる

理学療法士・作業療法士

理学療法士・作業療法士

様々(さまざま)療法(りょうほう)身体(しんたい)機能(きのう)回復(かいふく)(はか)り、患者(かんじゃ)社会(しゃかい)復帰(ふっき)支援(しえん)する(えん)(した)力持(ちからも)ち。ニーズは(たか)まる一方(いっぽう)で、就職(しゅうしょく)(りつ)はほぼ100%。

こんな(ひと)にピッタリ!

(あか)るく協調性(きょうちょうせい)があって、包容力(ほうようりょく)忍耐力(にんたいりょく)のある(ひと)(ひと)のために(なに)かをすることにやりがいを(かん)じる(ひと)体力(たいりょく)繊細(せんさい)気配(きくば)りの(こころ)大切(たいせつ)

どんな仕事(しごと)

社会(しゃかい)復帰(ふっき)手助(てだす)けを(おこな)専門家(せんもんか)

けがや病気(びょうき)によって身体(しんたい)不自由(ふじゆう)になった(ひと)(たい)し、運動(うんどう)療法(りょうほう)やマッサージによる治療(ちりょう)電気(でんき)患部(かんぶ)刺激(しげき)(あた)えるなどの物理的(ぶつりてき)療法(りょうほう)(つう)じてリハビリテーションを(おこな)うのが理学(りがく)療法士(りょうほうし)だ。一方(いっぽう)作業(さぎょう)療法士(りょうほうし)身体(しんたい)精神(せいしん)障害(しょうがい)()患者(かんじゃ)(たい)し、工作(こうさく)手芸(しゅげい)園芸(えんげい)などの作業(さぎょう)指導(しどう)し、社会(しゃかい)参加(さんか)手助(てだす)けを(おこな)う。高齢(こうれい)()進行(しんこう)などで福祉(ふくし)サービスの充実(じゅうじつ)(すす)められている現在(げんざい)、これらの仕事(しごと)への需要(じゅよう)年々(ねんねん)(たか)まっている。

これがポイント!

どちらも国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)必須(ひっす)

理学(りがく)療法士(りょうほうし)作業(さぎょう)療法士(りょうほうし)国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)しなければなることはできない。どちらも養成(ようせい)()(てい)がある大学(だいがく)短大(たんだい)厚生(こうせい)労働(ろうどう)大臣(だいじん)指定(してい)養成(ようせい)施設(しせつ)で、規定(きてい)期間(きかん)勉強(べんきょう)して単位(たんい)修得(しゅうとく)する必要(ひつよう)がある。近年(きんねん)はニーズが(たか)まり、学校(がっこう)への入試(にゅうし)倍率(ばいりつ)(たか)いが、国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)(りつ)はどちらも80~90%とかなり(たか)くなっている。

将来(しょうらい)はこうなる

ほぼ100%の就職(しゅうしょく)(りつ)

理学(りがく)療法士(りょうほうし)および作業(さぎょう)療法士(りょうほうし)になるには、厚生労働省(こうせいろうどうしょう)実施(じっし)しているそれぞれの国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)しなければならない。現在(げんざい)はどちらの職業(しょくぎょう)も、慢性的(まんせいてき)人手(ひとで)不足(ぶそく)状態(じょうたい)になっていることから、資格(しかく)取得(しゅとく)することができれば、就職(しゅうしょく)(りつ)は、ほぼ100%と(かんが)えて間違(まちが)いないだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

勤務(きんむ)(さき)によって多少(たしょう)(こと)なるが、理学(りがく)療法士(りょうほうし)作業(さぎょう)療法士(りょうほうし)とも、大卒者(だいそつしゃ)初任給(しょにんきゅう)大体(だいたい)17~18(まん)(えん)程度(ていど)

休暇(きゅうか)は?

どちらも基本的(きほんてき)には規則的(きそくてき)勤務(きんむ)だが、(つき)数回(すうかい)夜勤(やきん)がある場合(ばあい)も。

職場(しょくば)は?

病院(びょういん)保健所(ほけんじょ)やリハビリテーションセンター、特別(とくべつ)養護(ようご)老人(ろうじん)ホーム、肢体(したい)不自由児(ふじゆうじ)施設(しせつ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP