助産師

女性の妊娠(にんしん)、出産に立ち合う。看護師(かんごし)や保健師(ほけんし)とはちがい、日本では女性しかなれない。

こんな人にピッタリ!

人と話すのが好きな人。人のめんどうを見るのが好きな人。責任感のある人。

どんな仕事?

妊娠、出産、産後のケアまでをきめ細やかにサポート

妊娠した女性の不安を取りのぞくために相談にのったり、赤ちゃんが無事生まれてくるようサポートするのが仕事だ。また、生まれた後の赤ちゃんの健康(けんこう)をチェックしたり、お母さんの産後のケアもする。ちなみに、助産行為(じょさんこうい)ができるのは、医師と助産師のみで、お腹を切ったり、薬を飲ませることなどは医師にしかみとめられていない。しかし、健康で順調に妊娠しているお母さんの自然なお産のみ、助産師のみの立ち合いで行える。命にかかわる仕事なので、せきにんは重いが、幸せな命のたんじょうに立ち会うことができる。

これがポイント!

看護師の資格(しかく)を取り、助産師国家試験で合格する

助産師は国家資格で、看護師の資格を持っていることが助産師試験を受験するための第1条件だ。看護師養成所(かんごしようせいじょ)や短大・大学などで学び、看護師国家試験に合格したうえで、助産師養成所や短大・大学などで1年間学んで、助産師国家試験を受験する。また、助産師養成課程のある看護系大学を卒業すれば、看護師と助産師の国家資格を同時に受験することができる。

将来はこうなる

医師と協力しあい、日本のお産をささえていく

きびしい労働条件などから、全国的に産婦人科医(さんふじんかい)が不足し、お産できる病院やしんりょう所がへってきている。そこで、健康なお母さんの出産は助産師が、リスクのある出産や緊急(きんきゅう)の出産は医師が行うといった、協力しあう動きが出てきている。助産師のきめ細やかなケアを病院で行えるようにする、新しいシステムが始まっていることからも、助産師のそんざいは、日本のお産をささえるもとになっていくだろう。

将来はこうなる

収入は?

平均月収は32万円くらい。

休暇は?

病院の場合は交替制(こうたいせい)で勤務時間(きんむじかん)や休日が決まっている。助産所の場合は、お産にあわせるため、休日や勤務時間は不規則なことが多い。

職場は?

助産院、病院、しんりょう所、など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP