医療事務

医療事務

病院・しんりょう所で、医療費(いりょうひ)を計算したり、患者(かんじゃ)さんのカルテのデータ入力などの事務処理(じむしょり)を行う。結婚しても働けるため、女性に人気の高い仕事だ。

こんな人にピッタリ!

人とせっするのが好きな人。細かい心配りができる人。

どんな仕事?

病院の医療にかかわる事務的な作業を行う

病院をおとずれた患者さんの医療費を計算するのが主な仕事だ。医療費は点数で表すため、その点数から患者さんがしはらう分と保険機関(ほけんきかん)がしはらう分を正しく計算し、記録する。そして、保険機関に医療費をはらってもらうためのせいきゅう書を作る。また、受付をしたり、カルテのデータ入力や患者さんのよび出し、会計などもあわせて行う。事務的な作業だけではなく、人とせっすることも多いため、細やかな気配りができ、やさしさのある人が向いている。もちろん、医療に関する正しい知識も必要だ。

これがポイント!

医療事務の講座(こうざ)を受けて、検定試験に合格して資格を取る

医療事務として働くのに、必ずしも資格はもとめられない。しかし、採用(さいよう)する病院が、病院で働いた経験がなくても、少しでも医療に関するせんもん的な知識を持っている人を取りたいと考えるため、資格があると有利だ。医療事務に関する資格はたくさんあり、資格名は主さいする団体によってちがう。ただし、資格の内容は国で定められているため、名前によってし就職(しゅうしょく)に有利、不利はほとんどない。「診療報酬請求事務能力試験(しんりょうほうしゅうせいきゅうじむのうりょくしけん)」の資格もあるとプラスになる。

パソコンの資格もあるとよい

患者さんのカルテから、医者の行ったしんさつやちりょう、処方(しょほう)などを読み取り、パソコンに入力する作業がある。パソコンに関する資格を持っていると、実際に現場(げんば)で働いたときに強みになる。医療事務をめざす人向けの「医事コンピュータ技能検定試験(ぎのうけんていしけん)」というものもあるので、取っておくといいだろう。

将来はこうなる

せんもん的な知識で医療をささえる

不景気のいまの時代、手に職をつけようと考える人は多い。たくさんの女性が、医療事務の資格を取っていることからも、せんもん的な仕事の人気の高さがうかがえる。今後も日本の高れい化社会の医療の重要性にともなって、医療事務の役割はますます高まっていくだろう。

データボックス

収入は?

初年度の年収は320万円~400万円くらい。

休暇は?

基本は月~金曜日の勤務(きんむ)だが、働く病院によって土曜日しんさつがある場合は、土曜日も仕事になる。正社員、はけん社員、パートタイマーなど、働き方が選べるのがみりょくの一つ。ちなみに、月末は保険機関にせいきゅう書を提出するため、残業(ざんぎょう)となることもある。

職場は?

病院、しんりょう所、医療事務をせんもんにする会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP