メニュー閉じる

小学校教諭

小学校教諭

授業や生活指導を通じて、子どもたちの個性を伸ばし、助け合うこと、夢を描くことの大切さを教え「生きる力」を育む

こんな人にピッタリ!

何といっても子どもが大好きな人。子どもたちの目線でものごとを考え、そのひとりひとりに分け隔てなく注意を払う気配りができる人。また、子どもたちの元気に負けない体力も必要だ。

どんな仕事?

学習や生活指導からPTA活動まで仕事内容は幅広い

公・私立の小学校で満6~12歳の児童の学習や生活を指導する職業。基本的には、国語や社会、算数などの教科をひとりで教えるが、最近では音楽、体育など専門職教員を置く小学校も増えている。また、授業以外にも生活指導や学校行事の運営、PTAや地域社会との協力活動など、仕事の幅は広い。初めて本格的な教育を受ける児童にとっては、大きな支えであり、指導者でもあるのだ。

これがポイント!

免許状は3種類ある

小学校教諭になるには、大学や短大などの小学校教員養成課程に進み、教職専門と教科専門の科目を学ぶ必要がある。免許状には1種、2種、専修の3種類がある。1種は大学の教育学部などで所定の単位を修得、2種は短大などで必要な単位を修得するか、文部科学省が実施する教員資格認定試験に合格すると取得できる。また、現在は、社会福祉施設などで、7日以上の介護体験をすることが必要条件として追加されている。

採用試験実技科目対策

教員採用試験の実技試験科目は都道府県によって異なるが、水泳、器械体操、音楽は行われることが多い。最低でも平泳ぎかクロールで25mは泳げること、また器械体操の基礎技術、ピアノやオルガンでの簡単な曲の演奏くらいはマスターしておきたい。

将来はこうなる

少子化が進むが、採用数は増えている

文部科学省による教職員定数改善計画や1クラスの少人数化などにより、採用数は増加傾向にある。いじめや不登校、学級崩壊などの問題が深刻化しており、採用に当たっては人間性がより重視されるようになっている。また、英語やパソコンを用いた授業も増えると予想され、スキルの高い教員が求められていくだろう。

データボックス

収入は?

公立の小学校では地方公務員の給与規定に基づいて給与が支給される。大卒の初任給で約20万円前後、短大の場合は約18万前後だが、勤務する自治体によって異なる。また、私立の小学校の場合、給与は各学校ごとに決められる。

休暇は?

公立小学校は完全週休2日制により、土日は休日となる。ただし、教師の休日として認められるのは4~5日程度で、それ以外は学校や自宅での研修にあてるよう指導されている。つまり、夏休みなどの長期休暇は、あくまで生徒の授業の休業日であり、教員は通常通り出勤している。プール指導や日直、そのほかの行事や研修があるため、すべてが休日になるわけではない。

職場は?

公立の場合は、採用された都道府県か政令指定都市の範囲で勤務地が指定される。異動は、同一勤務が長くなりすぎた場合や昇任などに伴って行われる。私立はほとんど転勤はない。

なるためチャート

PAGETOP