大学教授

自分の専門分野を学生に指導しつつ、研究を続けていく

こんな人にピッタリ!

好きな科目なら、徹夜してもだいじょうぶなくらい勉強に没頭できる人。一つのことをさまざまな角度から考えられる、頭の柔らかい人。難しいことを人にわかりやすく教えるのが得意な人。

どんな仕事?

研究だけでなく大学の運営にも携わる

大学や短大で学生を指導しながら自分の専門分野の研究を進め、その成果を論文という形で発表する。また、入試委員会やカリキュラム委員会などのメンバーとなって、大学の運営に携わるのも大切な仕事だ。研究に実績のある教授だと、国や地方自治体の各種審議会の委員となって政策を提言するなど、社会的にも大きな影響力を持つようになる。

これがポイント!

大学院卒業が一般的

教授になるための第一歩は助手の仕事につくこと。助手になる資格は、学士(学部卒)でもよいが、最高位の教授になるには博士号(大学院博士課程卒)プラス研究実績が必要。大学入学後は進学を視野に入れて、勉強を続けよう。

教授までの道のりは?

大学教員は助手→講師→准教授→教授の順で昇進していくのが一般的。ただし、大学には定員や講座数に限りがあるため、研究者の人数が多い学問分野では教授のポストになかなか空きができず、かなり長い間助教授のまま、というケースも珍しくはない。教授になるには辛抱強さも必要かもしれない。

将来はこうなる

教授が学生に “逆評価”されている

現在、少子・高齢化が進んでいることから、大学の新設や定員増は原則として認められていない。当然、教授のポストも増えにくくなっており、この職業につくのはますます難しくなるだろう。また、文部省の大学改善策の一つに、学生や第三者機関による大学の研究・教育内容の評価が上げられている。のんびりと研究だけに打ち込めばいいという姿勢では、学生からそっぽを向かれることになるかもしれない。

データボックス

収入は?

国立大の教授の平均給与は月額70万円くらいで、助手は40万円程度。私立大はばらつきがあるが、平均すれば国立大とそれほど変わらない。著名研究者だと、講演収入や著作の印税も期待できる。

休暇は?

国立大は週5、6コマ(1コマは90分)、私立大では週4コマ程度の講義をこなせば、あとは基本的に自由。大学の長期休暇中ももちろん休みだが、この期間を利用して、海外の研究者と情報を交換しあったりするなど、研究に没頭する人が多い。

職場は?

大学・短大などのほか高等専門学校。世界的な研究成果を上げれば海外の大学に招かれることもあり得る。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP