メニュー閉じる

日本語教師

日本語教師

外国人に日本語の読み書きから会話まで教える。日本語を良く理解してもらうために、日本の文化や習慣を教えるのも大事な仕事。

こんな人にピッタリ!

人に教えることが好きで、日本語だけでなく、いろんな国の言葉や文化に興味がある人。文化の違う外国人が相手だけに、オープンな性格で、包容力、忍耐力がある人に向いている。

どんな仕事?

教える相手はさまざま。文化の窓口の役割も

国内または海外で、外国人に対して日本語の読み書き、会話など教える仕事。さらに、日本語を良く理解してもらうために、日本の文化や習慣を教えることも多い。その活躍の場は、大学や日本語学校から企業の研修センター、国際救護センターまでと幅広い。教える相手も、留学生、技術習得のために来日した社会人、すでに日本で働いている人やその家族などさまざま。日本語を学ぶ目的や年齢などで対応を変えなければならない。外国人にとって、日本語教師はいわば、日本文化の窓口。責任の重い、意義深い役割だ。

これがポイント!

検定試験は狭き門!?

国公立の大学や国の施設で教える場合は、教員免許が必要(海外ならその国の教員免許)。それ以外の民間の日本語学校などで教えるのなら、特に資格はいらない。しかし、外国人に教えるのだから、日本語の知識と教える技術が必要。それを身につけるには、大学か専門学校に入り、日本語教師養成のコースを学んだ後、「日本語教育能力検定試験」を受ける。試験の合格率は毎年20%弱と、かなりの難関。

英語と日本人としての常識を学んでおこう!

今や世界の共通語となった英語は、少なくともマスターしておきたい。海外、それも特定の国で教えたいのなら、事前にその国の言葉を勉強しておく必要もあるだろう。また日本の生活のことも教えなくてはならないので、日ごろから日本人としての常識も備えておこう。

将来はこうなる

国際化時代にふさわしい、本物の日本語教師が求められている

日本語教師は、国際化時代には不可欠の職業。日本を訪れる外国人数は相変わらず増えているため、能力の高い日本語教師が求められている。また、海外で日本語を学んでいる外国人も多い。それらの人々に日本語を教えている日本語教師のうち、7割は日本語を母国語としていない、という統計が。海外に出て活躍する、日本人の日本語教師が求められている。

データボックス

収入は?

国内の日本語学校で教える場合は、月収20〜25万円程度で、あまり恵まれているとはいえない。お金をかせぎたいというよりは、国際交流に貢献したいという気持ちで働いている人が多いのも、この職業の特徴だ。

休暇は?

週休1〜2日という職場がほとんど。残業もあまりない。時間的なゆとりは結構ありそうだ。

職場は?

国内外の日本語学校をはじめ、国内の専門学校・大学・短大、海外の小・中・高等教育機関のうち「日本語教育課程」を設けているところ。日本に住む外国の外交官を対象とした日本語研修所、外国の大学や企業の技術研修生が対象の研修センター(国際協力事業団)、難民や帰国孤児をケアする国際救護センターなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP