メニュー閉じる

幼稚園教員

幼稚園教員

集団生活の中で生活習慣を身につけさせる幼児教育のエキスパート。少子化社会でも依然、高い人気をキープ

こんな人にピッタリ!

体力に自信があり、子どもが大好きなこと。子どもたちの視点に立ち、柔軟な発想ができる人。分け隔てなく愛情を持って接することができる人

どんな仕事?

満3歳から小学校入学までの子どもに基本を教える

保育士は専門的な教育を行わないが、幼稚園教諭は、幼稚園で幼児の教育にあたる専門職。満3歳から小学校入学までの幼児を相手に、「健康」「人間関係」「環境」「表現」などに関する能力を育て、習慣化させる。集団生活の中で、きちんとした生活習慣を身につけさせることも大切な役割。遊びや運動を通して、子どもたちのさまざまな可能性を引き出すことが期待されている。

これがポイント!

免許取得が条件

まず幼稚園教員の免許状を取得し、次に採用試験に合格することが必要。免許取得のためには、文部大臣が認定した大学・短大、専門学校などで、免許法で定める、ピアノなどの単位を修得しなければならない。免許状には、専修、1種、2種の3種類があり、この中の2種の免許を取れば、幼稚園教諭の道が開ける。

公立と私立では採用方法が違う

採用試験は、公立幼稚園と私立幼稚園ではその形態が異なる。公立幼稚園は小・中・高校の教員と同じように、各都道府県の教育委員会が採用試験を行う。1次試験、2次試験が行われ採用が決まる。私立幼稚園の場合は、大学・短大、専門学校などに求人をし、各幼稚園が独自に選考して採用を決める。

将来はこうなる

保育士の資格を持っていると有利になるかも

保育園と幼稚園の連携に対するニーズが増えている。そのため、近年では幼稚園教諭と保育士の両方の資格が取りやすいよう、少しずつ試験の受験資格も変わってきている。少子化により採用が頭打ちなので、保育士の資格を持っていれば、採用の門戸は広がりそうだ。

データボックス

収入は?

公立の場合、学校教育法で定められている教育職(小・中・高校など)の給与体系に基づく。私立の場合は、園と教諭との個人契約により決まる。公立の場合、公務員なので男女間で給与格差がなくボーナスも景気に左右されない。また、給与水準も平均すると私立より高めなので、公立の方が収入が安定している。

休暇は?

公立の場合は日曜日と第2土曜日が休み。私立の場合、学校行事と重ならないかぎり、土・日・祝日は休みというところもある。長期休暇は、公・私とも夏休みや冬休みに取れる。ちなみに公立は勤務時間も短く、中には4時前に定時となる幼稚園も。残業も少なく、規則正しい生活が送れる。

職場は?

国公立または私立の幼稚園

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP