メニュー閉じる

学芸員

博物館、美じゅつ館、動物園、水族館などで、資料(しりょう)のしゅう集、保管(ほかん)、てんじや研究をする。相当の知識(ちしき)と経験(けいけん)を要求される職業(しょくぎょう)だ。

こんな人にピッタリ!

感動しやすい人。きちょうめんな人。人と話すのが好きな人。

どんな仕事?

博物館などで働く専門的職員

貴重(きちょう)な資料(しりょう)などを集めて保管(ほかん)し、実物、標本などをてんじするとともに、調査(ちょうさ)や研究などをおこなう。ほかにも、てんじ会の宣伝(せんでん)、目録やかい説文の作成、利用者へのアドバイスや指導(しどう)、さらにはすべての事務やお金の管理もする。なお、学芸員として博物館などで働くには、学芸員の国家資格(こっかしかく)が必要だ。

これがポイント!

大学・短大で学芸員の資格を取る

大学を卒業し、「博物館に関する科目」を習得していると、学芸員の資格(しかく)を取ることができる。もしくは、短大で「博物館に関する科目」をふくむ決められた単位以上を習得し、学芸員の仕事を補助(ほじょ)する学芸員補や司書、教員などの仕事を3年以上していると、学芸員の資格(しかく)を取得することができる。

資格認定試験に合格する

資格認定試験に合格する
文部科学省でおこなう試験に合格(ごうかく)すると取得できる。なお、試験には試験認定(しけんにんてい)と無試験認定(むしけんにんておい)とがあり、試験認定は6科目に合格しなければならない。一方、無試験認定は文部科学大臣が実際に働いた経験(学識と業績)などをみて、合否を決めるもの。受験資格は大学院を卒業し、修士(しゅうし)や博士、専門職(せんもんしょく)の学位を持つ者や、10年以上学芸員補として働き、都道府県の教育委員会からおすみつきをもらった者など、条件的(じょうけんてき)にはハードルが高めだ。

将来はこうなる

博物館は人手不足のところが多い

博物館は、史料館などのしせつを加えると、全国に1,000館以上ある。とはいえ、学芸員の資格(しかく)は取れても、博物館の学芸員採用(さいよう)試験を受け、合格(ごうかく)しなければならない。しかも、希望の博物館に毎年ぼしゅうがあるとはかぎらない。最近の地方自治体の財政(ぜいしゅう)悪化で、ぼしゅうをずっとしていない博物館も多い。しかし、採用人数は毎年少しずつふえてはきている。日本の学芸員は業務内容(ぎょうむないよう)が多く、人手不足の博物館も多々あるため、採用者数がへることはないだろう。

学芸員資格の改正

学芸員は、西洋の博物館、図書館などにいるキュレーターのような職種(しょくしゅ)といえるが、日本では低いけんげんしかあたえられていない。博物館法の見直しが進めば、学芸員の質(しつ)が向上し、立場も変わってくることが期待されている。

データボックス

収入は?

勤務先(きんむさき)の労働じょうけんや経験(けいけん)、勤務(きんむ)年数にもよるが、月収は17〜22万円くらい。

休暇は?

週休1〜2日のシフトせい。仕事がら、土日、祝日に休みはとれない。

職場は?

博物館、美術館、資料館、動物園、水族館、植物園、史料館など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP