メニュー閉じる

調香師

何種類(なんしゅるい)もの(かお)りを()()わせて(あたら)しい(かお)りを(つく)()す“(かお)りのクリエーター”。ただし、一人前(いちにんまえ)になるまでの(みち)のりは(けわ)しい。

こんな(ひと)にピッタリ!

(するど)嗅覚(きゅうかく)必要(ひつよう)なのはもちろんのこと、香水(こうすい)やお(こう)などの(かお)りに興味(きょうみ)があり、芸術的(げいじゅつてき)なセンスもある(ひと)

どんな仕事(しごと)

商品(しょうひん)から生活(せいかつ)空間(くうかん)まで、(かお)(づく)りのスペシャリスト

化粧品(けしょうひん)やシャンプー、(せっ)けん、芳香(ほうこう)(ざい)入浴(にゅうよく)(ざい)などに使(つか)われる(かお)りを調合(ちょうごう)するのが、パフューマーの仕事(しごと)だ。6000種類(しゅるい)(ちか)くある(かお)りをかぎ()け、調香(ちょうこう)することで(もと)められた(かお)りを(つく)()げていく。調香(ちょうこう)()(おお)きく()けて2種類(しゅるい)(からだ)外部(がいぶ)使用(しよう)される(かお)りを(つく)るパフューマーと、食品(しょくひん)(かお)りを(つく)るフレーバリストがいる。

これがポイント!

入社(にゅうしゃ)()自分(じぶん)をアピール

特別(とくべつ)資格(しかく)必要(ひつよう)なく、現在(げんざい)活躍(かつやく)するパフューマーのほとんどは香料(こうりょう)会社(がいしゃ)化粧品(けしょうひん)メーカーの開発(かいはつ)部員(ぶいん)というのが実情(じつじょう)。よって、まずはそうした会社(かいしゃ)就職(しゅうしょく)し、(かお)りの仕事(しごと)への熱意(ねつい)をアピールするのが、パフューマーになるための近道(ちかみち)だといえる。

将来(しょうらい)はこうなる

最近(さいきん)商品(しょうひん)だけでなく、オフィスやレストランなど空間(くうかん)(かお)()けといった(あら)たな需要(じゅよう)()えてきており、今後(こんご)ますます調香(ちょうこう)()活躍(かつやく)舞台(ぶたい)(ひろ)がっていくものと予想(よそう)される。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

どんなに(すぐ)れたパフューマーでも企業(きぎょう)(ない)(はたら)くケースが(おお)いので、収入(しゅうにゅう)一般(いっぱん)のサラリーマンやOLと大差(たいさ)はない。企業(きぎょう)によっては1~2(まん)(えん)程度(ていど)職能(しょくのう)手当(てあて)がつくこともある。

休暇(きゅうか)は?

一般(いっぱん)企業(きぎょう)であれば土日(どにち)(やす)みになることが(おお)いが、就職(しゅうしょく)した企業(きぎょう)によって(こと)なる。

職場(しょくば)は?

化粧品(けしょうひん)メーカーや香料(こうりょう)会社(がいしゃ)などの開発(かいはつ)部員(ぶいん)として勤務(きんむ)するケースがほとんどだが、最近(さいきん)では日本(にほん)でもフリーの(みち)(ひろ)がりつつある。また、(かお)りに敏感(びんかん)文化(ぶんか)()欧米(おうべい)諸国(しょこく)のほうがパフューマーの需要(じゅよう)(たか)く、実力(じつりょく)次第(しだい)海外(かいがい)(はたら)くチャンスもある。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP