メニュー閉じる

美容師・ヘアデザイナー

美容師・ヘアデザイナー

美容師は職人でもあり、芸術家でもある。一流になるには、美容の技術だけでなく、流行にも敏感になろう

こんな人にピッタリ!

手先が器用で、美的センスがあり、なおかつお客さんとのコミュニケーションがうまくできる社交性のある人に向いている。また、アシスタント時代の厳しい修業や1日立ちっぱなしの仕事に耐えられる根性も必要だ。

どんな仕事?

美容師とヘアデザイナーはどこが違う?

美容師の仕事は最近、シャンプーやカット、パーマ、ブローなど髪の手入れやスタイリングだけでなく、メーキャップや美顔術、着物の着付けなどまで広がっている。ヘアデザイナーも、ふだんはヘアサロンでほぼ同じ仕事をしているが、ファッションショーやスチール撮影のモデルやタレントのヘアメークをまかせられることも少なくない。

これがポイント!

どのコースを選ぶか?

美容師の国家試験を受けるには、養成施設(美容師専門学校)の昼間課程に進むのが一般的だが、美容室で見習いとして働いていたり、高校に通っている人は、夜間課程や通信課程を受講することもできる。通信課程は、自宅で教材を使って勉強するので時間的には制約されないが、自己管理ができない人には向いていない。 また、昼間、夜間は2年で卒業できるが、通信の場合は3年かかる。

店長や独立をめざすなら

常時2人以上の美容師が働く美容院では、衛生管理面の責任を負う管理美容師を置くことが義務づけられている。将来、大型チェーン店の店長や独立・開業をめざすなら、管理美容師の資格もぜひ取っておきたい。管理美容師の資格を取得するためには、免許を取った後、3年以上の実務経験を積み、都道府県知事が指定する講習を受ける必要がある。

将来はこうなる

腕とセンスが将来を決める!

美容院はすでに数が多すぎて、サバイバル競争の時代に突入している。今後はしっかりした技術とハイセンスの持ち主でなければ新規開業は難しいし、既存店の美容師にとってもこの2つが最大の課題。でも、逆にいえばこの2つさえあれば十分やっていける。全身美容など未知の分野に挑戦することもできるし、ファッションデザイナー並みに世界を舞台に活躍することもできる。日本を飛び出して海外で成功することだって夢ではないのだ。

データボックス

収入は?

勤務する美容室の規模や技術によって変わる。店によってはお客さんに指名されればプラスアルファがつくところもある。

休暇は?

こちらも店によって勤務形態、勤務時間は変わるが、一般的な美容室は火曜日を定休日にしているところが多い。ただし、成人式前や年末は、深夜まで仕事をすることもある。また見習い美容師は、仕事が終わったあとも美容院に居残り、ウィッグ(練習用の人形)を用いて、カットなどの練習に励むことが多い。

職場は?

美容室。ファッション誌のヘアデザインを担当する場合は、スタジオなどに出て行くこともある

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP